「故郷の情景」― グリーグの主題による / The Scene of the Homeland- on theme by Edvard Greig

■作品名 (Title)
「故郷の情景」― グリーグの主題による
The Scene of the Homeland- on theme by Edvard Greig
■委嘱団体 (Commissioned organization)
航空自衛隊中部航空音楽隊 委嘱
■作品No (Work No)
018
■作曲年 (Composition year)
2004
■グレード (Grade)
3+
■演奏時間 (Duration)
約3分00秒
■演奏可能最低人数 (musician)
30人
■参考音源 (Audio Sample)
■出版社 (Publisher)
ウインドアート
■解説 (Commentary)
八木澤 教司 「故郷の情景」―グリーグの主題による
~ 航空自衛隊中部航空音楽隊委嘱作品 ~
■八木澤教司 「故郷の情景」―グリーグの主題による (2004)
The Scene of the Homeland- on theme by Edvard Greig (2004)/Satoshi Yagisawa
■レンタル価格: 10,500円 (本体価格:10,000円)■演奏時間:約4分
■演奏レベル:中級
■演奏可能最低人数:30人
■作品解説
「トランペット協奏曲」に続く,航空自衛隊中部航空音楽隊平成15年度委嘱作品。
大学時代にグリーグのピアノ曲に魅了された時期がありました。優しさと共にどこと なく寂しさを感じさせる作品,楽しく陽気な気持ちになる作品,民謡を用いた作品などグリーグの多彩 な作風に当時の私は強く憧れました。そんなグリーグの作品の中に 特に私の琴線に触れたものがありました。《抒情小品集第3集(op.43)》より“故郷 にて”。今回はこの作品の主題を用いた3分程度の小品をお楽しみください。(八木澤 教司)
■編成 (Instrumentation)
Piccolo
Flute 1
Flute 2
Oboe
Bassoon
Clarinet 1
Clarinet 2
Clarinet 3
Bass Clarinet
Alto Saxophone 1
Alto Saxophone 2
Tenor Saxophone
Baritone SaxophoneTrumpet 1
Trumpet 2
Trumpet 3
Horn 1
Horn 2
Horn 3
Trombone 1
Trombone 2
Trombone 3
Euphonium
Tuba
String Bass

Timpani
Percussion 1/Vibraphone,Glockenspiel ,Chime
Percussion 2/Suspended Cymbal
Percussion 3/Windchimes,Bass Drum

関連記事

  1. ファンファーレ「はやぶさ」 / Fanfare – HAYABUSA

  2. 太陽への讃歌 ― 大地の鼓動 / Hymn to the Sun – With the Beat of Mother Earth

  3. 仰ぎ見ること ~ 泰山北斗の如し / Be great like “Mt.Taishan” Twinkle like “The Big Dipper !”

  4. 眩い星座になるために… / To Be Vivid Stars

  5. 「ザ・ウエスト・シンフォニー」より 第四楽章:地平線に沈む日輪は紅に燃え / ”The West Symphony” 4th movement:Sunlight burning on the horizon burns red

  6. 「ひたかの大地に」- 母なる北上川の記憶 / Hitaka – The History Of Mother Kitakami River