南風が吹いたら/ Wind of Hope

作品名 (Title) 南風が吹いたら
Wind of Hope
編成 (Instrumentation) ●フルート/ピアノ
●アルト・サクソフォン or バリトン・サクソフォン/ピアノ
●クラリネット or トランペット/ピアノ
●ユーフォニアム or トロンボーン/ピアノ
作品No (Work No) グレード (Grade) 3
作曲年 (Composition year) 2020 演奏時間 (Duration) 03:40
参考音源 (Audio Sample) 出版社 (Publisher) ロケットミュージック
出版に関するご案内
(Publication information)
●フルート/ピアノ 楽譜
●アルト・サクソフォン or バリトン・サクソフォン/ピアノ 楽譜
●クラリネット or トランペット/ピアノ 楽譜
●ユーフォニアム or トロンボーン/ピアノ 楽譜
解説 (Commentary) 私は岩手県出身で、東北は音楽家として何度も訪れ、親しい仲間たちもたくさん住んでいる地域です。合唱曲《あすという日が》は、東日本大震災の復興シンボル曲として多くの方々に歌われてきましたが、これは2006年に作曲したもので、震災のために作曲したものではありません。いつの日か、何かをしなくてはならないという想いを抱きながら10年が経とうとする中で、曲作りの過程を追いかけたドキュメンタリー番組が企画され、被災地に向かい、現地で活動している方々と出会い、被災直後の様子やその後のお話を伺う機会を得ました。私自身が出演した『私たちの震災10年目~あの日を伝えるアンサンブル』は、テレビ埼玉をはじめ計6局で放送されました。

「震災の記憶を風化させてはいけない」
「被災地で活動している方を応援したい」

という思いから、妻と共に全身全霊で生み出した応援歌。完成した曲は、海上自衛隊横須賀音楽隊(歌唱:三宅由佳莉3等海曹)により番組内で初演されました。作詞は妻が担当し「春に吹く暖かな南風が、冬の凍てついた寒さを和らげていくように、誰の心にも温かさを吹き込んで、前向きに生きてほしい」という願いが込められています。(八木澤教司)

関連記事

  1. 行進曲「奇跡のつぼみ」 / March Willing and Able

  2. クラリネット八重奏曲「パーテル・ノステル」

  3. ポンテ・ヴェッキオ / Ponte Vecchio

  4. 行進曲【現在、生徒さんが考案中!】

  5. マーチ「春薫る華」 / Scent of Spring

  6. 金管六重奏曲「タランテラ」

  7. 木管五重奏曲「アゴラ」

  8. ディテュランボス(打楽器8重奏)

  9. 夕暮れの庭 / My Sunset Garden

  10. KYO-WA

  11. パーテル・ノステルIII(木管8重奏)

  12. 古代より伝わる三つの儀式(金管8重奏)

  13. バリ・テューバ四重奏曲「ラプソディー」

  14. 「けやきの杜で…」― 独奏トロンボーンとウインドアンサンブルのために / Sanctuary in the Zelkova Forest

  15. ヴェネツィアの情景(サクソフォーン4重奏、サクソフォーン8重奏、混合8重奏)