行進曲「故郷の想い出」 / March Willing and Able

■作品名 (Title)
行進曲「故郷の想い出」
March Willing and Able
■委嘱団体 (Commissioned organization)
福井大学吹奏楽部 第30回記念定期演奏会 委嘱
■作品No (Work No)
089
■作曲年 (Composition year)
2009
■グレード (Grade)
3
■演奏時間 (Duration)
約4分20秒
■演奏可能最低人数 (musician)
30人
■参考音源 (Audio Sample)
■出版社 (Publisher)
デ・ハスケ
■解説 (Commentary)
■行進曲「故郷の想い出」

福井大学吹奏楽部の第30回記念定期演奏会委嘱作品としてOB会のご協力のもと2009年に作曲した行進曲。私は既に100曲以上の吹奏楽曲を書いてきましたが、意外にも行進曲は当作品を含めて4曲と少ないのです。しかもこれまでに書いた行進曲は「奇跡のつぼみ」「March-Bou-Shu」のようにコラールベースのもの、或は民謡を用いているなどで、オーソドックスなものではありません。しかし、この「故郷の想い出」は比較的、標準的なコンサートマーチとして作曲しています。初演は2010年12月、同大学吹奏楽部のOBであり現在は中学校教諭として吹奏楽部顧問を務める長崎充博先生の指揮と同大学吹奏楽部によって行われました。

■編成 (Instrumentation)

関連記事

  1. トランペット協奏曲 / Trumpet concerto

  2. 「空と大地の間で」〜愛の実る季節に / On The Earth, Under The Sky

  3. 「エスポワール」~ 希望への道 /  L’Espoir

  4. 「希望の舟」- 薩摩維新伝 / The Ships of High Hope – The Leading Spirit from Satsuma

  5. 吹奏楽のための詩曲「はてしなき大空への讃歌」 / Poem for Wind Orchestra “Hymn to the infinite sky”

  6. カンティレーナ / Cantilena