マリンバカンス(マリンバ2台、4人)

■作品名 (Title)
マリンバカンス(マリンバ2台、4人)
■委嘱団体 (Commissioned organization)
打楽器奏者、小川佳津子女史
■編成 (Instrumentation)
マリンバ2台、4人
■作品No (Work No)
033
■作曲年 (Composition year)
2008
■グレード (Grade)
3
■演奏時間 (Duration)
約4分40秒
■参考音源 (Audio Sample)
未出版
   
■解説 (Commentary)
打楽器奏者である小川佳津子先生のご依頼で作曲した、4人のマリンバ奏者のための可愛らしい作品です。“マリンバカンス”とは“マリンバ”と“バカンス”を合成させた造語で、小川先生の“マリンバ~”委嘱シリーズとして、先駆ける他の作曲家の作品に続くものとなりました。
作曲にあたって小川先生よりこの“マリンバカンス”というタイトルに相応しい作風で、とご依頼頂いたのですが、私はバカンスの経験がこれまで残念なことにありませんでした…。何しろ大学院を修了と同時に吹奏楽界にデビューし、それ以来、年中無休でやってきましたから…。しかしながら幸いにも、今年(2008年)の9月にヴェネツィアで1週間の休暇を過ごしましたので(半分は取材旅行なのですが)、その体験を生かした音楽に仕上げました。余談ですが、この一週間はバカンスと言うには短い期間でしたが、作曲もせず指導もせず原稿も書かず、朝から呑んで食べて、買い物をして…こんな楽しい生活があったのか!と初めてのリフレッシュ。この体験によって、これまでの八木澤作品には珍しい陽気で可愛らしい作品が出来ました!尚、“水上都市”とも呼ばれる海の街ヴェネツィアだったので“マリン”+“バカンス”という別の意味合いもタイトルに込めました。初演は2008年12月、尚美学園大学打楽器アンサンブル第7回定期演奏会にて、小川先生とお弟子さんたちによって行われました(八木澤教司)。※ マリンバは2台で演奏できます。初演メンバー(敬称略):
1st小川佳津子、2ndが栗田愛、3rd神田有香奈、4th山岸音羽

関連記事

  1. 行進曲「故郷の想い出」 / March Willing and Able

  2. ファンファーレ「ルナの鐘」(金管5重奏)

  3. 愛のソナチネ(サクソフォーン4重奏)

  4. 「けやきの杜で…」― 独奏トロンボーンとウインドアンサンブルのために / Sanctuary in the Zelkova Forest

  5. 愁陽の路(サクソフォーン4重奏)

  6. 木管五重奏曲「アゴラ」

  7. 花の香る季節に~3つの木管楽器のために

  8. ふぁんふぁーれ!(ホルン8重奏)

  9. 忘却の城跡(金管8重奏)

  10. 南風が吹いたら/ Wind of Hope

  11. マーチ「春薫る華」 / Scent of Spring

  12. バリ・テューバ四重奏曲「エスメラルダ」

  13. 金管八重奏曲「イントラーダ」

  14. クラリネット八重奏曲「パーテル・ノステル」

  15. 3つのバガテル(サクソフォーン4重奏)