お団子ヘアの女の子(クラリネット4重奏)

■作品名 (Title)
お団子ヘアの女の子(クラリネット4重奏)
■委嘱団体 (Commissioned organization)
高知クラリネット協会
■編成 (Instrumentation)
クラリネット4重奏
■作品No (Work No)
038
■作曲年 (Composition year)
2010
■グレード (Grade)
3
■演奏時間 (Duration)
約4分10秒
■参考音源 (Audio Sample)
 
■出版社 (Publisher)
   
■解説 (Commentary)
■ お団子ヘアの女の子

ここ数年、アンサンブルコンテストの審査をしているとクラリネット吹きには“お団子ヘアの女の子”が多い、ような気がします。特に会ったことも話したこともない高校生たちが8人全員で“お団子”で現れて私の【パーテル・ノステル】を演奏した時には一瞬コンテストを忘れてしまう!?くらい愉快な気持ちになりました。そして、とても楽しそうに演奏していたので【お団子ヘアの女の子】というタイトルで、中学・高校生が取り組めるようなクラリネットの作品をいつか書こう!と、その時に決めたのです。

高知県に訪れた時に出会った高知クラリネット協会会長の岡松治彦先生は“四国から中学・高校生が親しめるクラリネットアンサンブルを発信したい”という熱い想いがあり意気投合。その結果として生まれたのがこの作品です。曲はお団子ヘアの女の子たちがニコニコと会話したり、ルンルンと踊ったり、そして時には悩み成長していくといった、どんな時にも前向きな明るく元気な女の子を描いています。途中で1st クラリネットが奏するカデンツァはアドリブを加えて長く演奏しても構いません(初演も岡松先生のアドリブで聴衆を魅了しました)。各団体それぞれの個性豊かな表現を楽しみにしています。

尚、“お団子ヘア”というのはあくまでも比喩的にお考えください。演奏する時に必ず“お団子ヘア”にしなければならないという意味ではありません。“元気なお女の子”というニュアンスでイメージしてください。ですから男の子も、もちろん演奏してもOKです!でも、作曲者としては4人全員が“お団子ヘア”で演奏してくれるのを、ちょっぴり期待しています!

作品完成にあたって岡松先生には多くのご助言とアイディアを頂きました。又、クラリネット奏者の三浦幸二氏にも指導現場からのご意見を頂きました。この場をお借りして心より御礼申し上げます。

● ヒルパイン・アンサンブル 初演メンバー

1st:岡松治彦
2nd:岡松加奈子
3rd:岡松裕美
Bass:仙頭まり子

関連記事

  1. パーテル・ノステルIII(木管8重奏)

  2. 忘却の城跡(金管8重奏)

  3. シカゴシティ(バリ・テューバ四重奏)

  4. ボッカ・デラ・ヴェリタ(サクソフォーン4重奏)

  5. クラリネット八重奏曲「パーテル・ノステル」

  6. レムリアへの哀歌(フルート,Perc.1&2(三重奏曲))

  7. フルート四重奏曲「フィオリトゥーラ」

  8. チョコふぇすっ!(フルート3重奏)

  9. カクテル・パラダイス!(フルート4重奏)

  10. ラ~メン・ヌードルズ(バリ・テューバ4重奏)

  11. シンフォニックバンドのための「ラルゴ」 / Largo for Symphonic Band

  12. クリスマス・ファンタジア / Christmas Fantasia

  13. オアシスの娘と3匹の狼たち(バリ・テューバ4重奏)

  14. 打楽器五重奏曲「バッカナール」

  15. ファンファーレ「ルナの鐘」(金管5重奏)