忘却の城跡(金管8重奏)

■作品名 (Title)
忘却の城跡(金管8重奏)
■委嘱団体 (Commissioned organization)
創価グロリア吹奏楽団
■編成 (Instrumentation)
金管8重奏
■作品No (Work No)
007
■作曲年 (Composition year)
2004
■グレード (Grade)
5
■演奏時間 (Duration)
約4分50秒
■参考音源 (Audio Sample)
■出版社 (Publisher)
  
■解説 (Commentary)
作品について / Program notes: この作品は創価グロリア吹奏楽団の委嘱により、2004年9月に作曲しました。技術の高いメンバーということもあり、いつもと違った作風で手掛けることにしました。 「忘却の城跡」というタイトルについては自由にイメージを膨らませて頂ければと思います。固有なものを描写したのではなく、あくまでも感覚的なものを音にしています。楽曲中に特殊効果音も使用されていますので、パフォーマンスにもコダワリを持って頂けると大変嬉しいです。技術的にも音楽的にも難しい作品ではありますが、多くの皆様に親しまれることを願っています。 最後になりましたが作品を完成するにあたって、多くのご助言を頂きました東京交響楽団トロンボーン奏者の萩野昇氏に心より感謝します。 (八木澤教司)

I wrote this in September of 2004, as commissioned by the Soka Gloria Wind Orchestra. Since they are really fine players, I decided to make this piece very distinctive. Through the title, The Ruins in Limbo, you can extend your imagination to whatever you feel. I was not trying to express a certain thing with notes, only something sensual. Special sound effects are also used, and players are supposed to be particular about making the entire performance interesting. This is a challenging piece musically and technically, however, I hope many people get to know and enjoy it. Special thanks go to Noboru Ogino, principal trombonist of the Tokyo Symphony Orchestra, for his great help and advice. (Satoshi Yagisawa)

関連記事

  1. ファンファーレ「ルナの鐘」(金管5重奏)

  2. トリプルあいす(フルート3重奏)

  3. サクソフォーン四重奏曲「陽炎の舞踏」

  4. サクソフォーン四重奏曲「ノヴェレッテ」

  5. 愁陽の路(サクソフォーン4重奏)

  6. 金管八重奏曲「イントラーダ」

  7. 木管五重奏曲「アゴラ」

  8. 心に染みる5つの言葉(フルート5重奏)

  9. 金管六重奏曲「タランテラ」

  10. ディテュランボス(打楽器8重奏)

  11. クリスマス・ファンタジア / Christmas Fantasia

  12. 花の香る季節に~3つの木管楽器のために

  13. 行進曲「故郷の想い出」 / March Willing and Able

  14. 秋紅の舞(フルート4重奏)

  15. バリ・テューバ四重奏曲「エスメラルダ」