ジュエリーズ(フルート6重奏)

■作品名 (Title)
ジュエリーズ(フルート6重奏)
■委嘱団体 (Commissioned organization)
フルートアンサンブル・ギモナス
■編成 (Instrumentation)
フルート6重奏
Flute 1 (3楽章以降にPiccolo持ち替えあり)
Flute 2 (3楽章以降にPiccolo持ち替えあり)
Flute 3
Flute 4
Flute 5 (4楽章以降にAlto Flute持ち替えあり)
Flute 6 (4楽章以降にBass Flute持ち替えあり)
■作品No (Work No)
062
■作曲年 (Composition year)
2019
■グレード (Grade)
4.5
■演奏時間 (Duration)
10:00
■参考音源 (Audio Sample)
未出版
■出版社 (Publisher)
未出版
■解説 (Commentary)

JEWELRY / Satoshi YAGISAWA

フルートアンサンブル・ギモナスの委嘱作品。フルート6重奏曲とのご依頼があったので、キャラクターの異なる6楽章から成り立つ組曲を作曲することにしました。
フルートの作品はこれまで《トリプルあいす》などの可愛らしい系にはじまり、現代的な作風に至るまでたくさん書いてきましたが、今回は新たなテーマを何にすべきか悩んでいました。そんな時に、妻との何気ない会話から「宝石や鉱石」について知り、これまでの自分には無い方向性だと着想を得て挑戦してみました。
各楽章に〈ダイヤモンド〉〈ルビー〉〈トパーズ〉〈エメラルド〉〈ラピスラズリ〉〈ブラックオニキス〉と、異なる色を持つ宝石を名づけています。
なお、正しい英語では「ジュエリー」には複数形の〝s〟は付きませんが…選びきれなかった石たちの秘める奥深さや魅力を含めて、あえて〝ズ〟をつけて「ジュエリーズ」としています。
ジュエリーが好きな方も嫌いな方も、詳しい方も詳しくない方も、ぜひ、貴方にとっての宝石のような存在を想像しながら、ギモナスのキラキラと輝く「音の宝石」をお楽しみください!

関連記事

  1. 水上都市「ヴェネツィア」- アドリア海の女王 / The Floating City “Venezia” – The Queen on the Adriatic

  2. 金管六重奏曲「タランテラ」

  3. サクレクールの風(サクソフォーン3重奏)

  4. 打楽器五重奏曲「バッカナール」

  5. バリ・テューバ四重奏曲「エスメラルダ」

  6. 心に染みる5つの言葉(フルート5重奏)

  7. アルテミスの嘆き(クラリネット8重奏)

  8. 風の戯れ(フルート4重奏)

  9. 3つのバガテル(サクソフォーン4重奏)

  10. ふぁんふぁーれ!(ホルン8重奏)

  11. 「蒼光の紋章」―終わりなき時への哀歌(金管8重奏)

  12. 金管八重奏曲「イントラーダ」

  13. チョコふぇすっ!(フルート3重奏)

  14. ヴェネツィアの情景(サクソフォーン4重奏、サクソフォーン8重奏、混合8重奏)

  15. アリオンの琴歌(サックス4重奏)