花の香る季節に~3つの木管楽器のために

■作品名 (Title)
花の香る季節に~3つの木管楽器のために
■委嘱団体 (Commissioned organization)
■編成 (Instrumentation)
フレキシブル3重奏
■作品No (Work No)
053
■作曲年 (Composition year)
2015
■グレード (Grade)
3
■演奏時間 (Duration)
約4分50秒
■参考音源 (Audio Sample)
プラーム横浜
■出版社 (Publisher)
ブレーン
■解説 (Commentary)
花の香る季節に~3つの木管楽器のために

原曲は箏合奏団「絹の会」の委嘱で作曲した3楽章形式の長めの作品でしたが、それを木管フレキシブルのための3重奏として改編しました(CDレコーディングはフルート、クラリネット、アルトサクソフォーンで行いました)。
「日本は四季を感じる素晴らしい国」と言われていますが、日本で育った私にとって正直それは「あたりまえ」のことで近年まで実感がありませんでした。しかし最近は客演指揮、指導、講習会などで他国へ招かれる機会が増え、日本の良い面を再確認すると共にこれまで意識していなかった「日本の四季」の素晴らしさを改めて感じるようになりました。
原曲が日本の伝統楽器である箏のために書いたこともあり、和を感じるタッチで作曲していますが、この音楽は純粋な和をイメージしたものではありません。なぜならば現代の日本には純粋な和はほとんど存在せず、様々な国の良き文化を取り入れて、それらを融合して我々は生活しているからです。ですから演奏にあたっても古典的な和のイメージにこだわらず、現代の感覚で自由に想像を膨らませてお楽しみ頂きたいです。

関連記事

  1. 牢獄のサロメ~ バリ・テューバ四重奏のために ~

  2. ふぁんふぁーれ!(ホルン8重奏)

  3. 愁陽の路(サクソフォーン4重奏)

  4. 「蒼光の紋章」―終わりなき時への哀歌(金管8重奏)

  5. ネーニエ ~ 嘆きの歌(クラリネット8重奏)

  6. モンセラットII(木管6重奏〜木管打楽器8重奏)