バリ・テューバ四重奏曲「ラプソディー」

■作品名 (Title)
バリ・テューバ四重奏曲「ラプソディー」
■委嘱団体 (Commissioned organization)
テュービアム
■編成 (Instrumentation)
バリ・テューバ四重奏(Euph.2 Tuba.2)
■作品No (Work No)
003
■作曲年 (Composition year)
2003
■グレード (Grade)
3+
■演奏時間 (Duration)
約4分40秒
■参考音源 (Audio Sample)
■出版社 (Publisher)
ブレーン
■解説 (Commentary)
Rhapsody ―for Euphonium Tuba Quartet
~テュービアム委嘱作品~
Rhapsody for Euphonium Tuba Quartet●曲目解説:バリ・テューバ四重奏曲「ラプソディ」この作品はバリ・チューバアンサンブルグループ“テュービアム”の委嘱により、2003年12月に作曲しました。
「ラプソディ」には“熱狂的な表現”“情熱的な文章”或いは“寄せ集め”などの意味が含まれ,語源であるギリシャ語では“民族の歴史”“英雄の行為などを述べた叙事詩を朗唱する”という意味合いがあります。
同アンサンブル音楽監督を務める作曲家・戸田顕氏から「バリ・テューバアンサンブルのレパートリーを開発するような作品を」というご要望を頂いたことが、この楽想のヒントとなりました。
親しみやすい作風をとっていますので,今後は中学・高校生をはじめ一般の方々に幅広く演奏して頂けましたら幸いです。
コンテストだけではなく普段の練習でも,お気軽に演奏して頂けましたら嬉しく思います。
当作品を作曲するにあたって多くのご助言を頂きました戸田顕氏,テュービアムの皆様にこの場をお借りしまして深く御礼申し上げます。

◇初演メンバー(敬称略)
テュービアム
Euph 1.深石宗太郎 Euph 2.山戸宏之 Tuba 1.堤拓幸 Tuba 2.山岸明彦

●演奏上の注意

冒頭で提示される動機は曲全体を支配する大切なものです。
しっかりと音型を揃え5小節目に向かって広がりを持たせ印象深く演奏してください。
7小節~10小節目のようにメロディーが絡むようにして演奏する場面,
11小節~12小節目のようにEuphとTubaが対になり2組で演奏する場面,
13小節~14小節目のように4人で響きを作る場面が曲全体に多く現れます。
各々の特徴を生かせるよう研究してください。
「A」は前後の音楽と対比させ,優しい音色で語りかけるように奏でましょう。
「E」からは「G」の頂点に向かって,聴く人が優しい気持ちになれるよう心を込めて演奏してください。
「J」からはテンポも上がるのでスピード感が大切です。
個性のある素敵な演奏を期待しています。

関連記事

  1. トリプルあいす II(フレキシブル8重奏)

  2. 古代より伝わる三つの儀式(金管8重奏)

  3. 乙女の祈り(打楽器4重奏)

  4. パーテル・ノステルIII(木管8重奏)

  5. 行進曲【現在、生徒さんが考案中!】

  6. フルート四重奏曲「フィオリトゥーラ」