カンティレーナ / Cantilena

■作品名 (Title)
カンティレーナ
Cantilena
■委嘱団体 (Commissioned organization)
東海村吹奏楽団 委嘱
■作品No (Work No)
049
■作曲年 (Composition year)
2007
■グレード (Grade)
3
■演奏時間 (Duration)
約6分40秒
■演奏可能最低人数 (musician)
35人
■参考音源 (Audio Sample)
■出版社 (Publisher)
デ・ハスケ
■解説 (Commentary)
吹奏楽指導者のなかで素晴らしいと思われる方はどなたですか?―最近あらゆる機会でそう尋ねられることがある。私はそんな時に尊敬する何人かの指導者と共に必ず“原進”の名前を重ねる。原さんは確固たる技術を持ちながらも、聴衆へ訴えかける音楽を常に探究し続けている温かい指導者だからだ。そんな原さんから今回、東海村吹奏楽団の委嘱作品のお話を頂き私は嬉しい気持ちで一杯になった。しかし、まだ直接交流のなかった東海村吹奏楽団に作品を書くことは私にとって難題であった。これまで吹奏楽曲は50作品以上手掛けてきたが、どの作品も交流の深いバンドに書いたものであり、奏者の表情やバンドの特性を理解した上で作曲していたからだ。そういった意味で《カンティレーナ》は原さんを通して感じとったバンドのイメージのみを頼りに作曲するほかなった。原さんからのメールを読み返したり、東海村吹奏楽団のホームページを何度も見たりして、最終的に“叙情的な旋律”という意味を持つ、このタイトルを名付けた。「八木澤さんのメロディーに合ったバンドですよ」と原さんが何度も笑顔で語っていたからだ。この作品が東海村吹奏楽団の皆様に共感して頂き、その想いが客席に温かく響くことを祈っている。記念すべき第一回目の演奏会で作品を演奏して頂けることに心より感謝し申し上げる。
■編成 (Instrumentation)

関連記事

  1. ファンファーレ「未知への飛翔」 / Fanfare – Flight to the Unknown World

  2. 仰ぎ見ること ~ 泰山北斗の如し / Be great like “Mt.Taishan” Twinkle like “The Big Dipper !”

  3. 交響詩「母なる北方の大地 ― すべての生命を讃えて」 / Symphonic Poem “Northern Mother Earth – Praise for all living things”

  4. 「プリマヴェーラ」- 美しき山の息吹き / Primavera – Beautiful Mountain Winds

  5. 春の贈り物/BLOOM – THE GIFT OF SPRING

  6. 吹奏楽のための抒情詩「秋風の訴え」 / The Lyric for WindOrchstra “Appeals of Autumnal Winds”

  7. 「そよ風の吹く杜で…」~ 独奏フルートとコンサートバンドのために / BREEZE IN THE FOREST for Solo Flute and Concert Band

  8. 南風が吹いたら / WIND OF HOPE

  9. 「ザ・ウエスト・シンフォニー」より 第四楽章:地平線に沈む日輪は紅に燃え / ”The West Symphony” 4th movement:Sunlight burning on the horizon burns red

  10. 「ある街の風景」~イタリア・ローマにて / A Scene of Rome

  11. ピリ・レイスの地図 / The Piri Reis Map of 1513

  12. 華麗なる終焉へのオマージュ / Homage To A Glorious Ending

  13. 「ナスカ」― 地上に描かれた遥かなる銀河 / Nazca Lines – The Universe Drawn on the Earth

  14. 大いなる神秘の山へ / To the Great Mysterious Mountain

  15. 「レムリアー失われた大いなる遺産」 / Lemuria – The Lost Continent