ぷれりゅーど / Prelude

■作品名 (Title)
ぷれりゅーど -ミュージカル「いちかわ・真夏の夜の夢」より-
Prelude
■委嘱団体 (Commissioned organization)
■作品No (Work No)
009
■作曲年 (Composition year)
2002
■グレード (Grade)
2+
■演奏時間 (Duration)
約3分30秒
■演奏可能最低人数 (musician)
18人
■参考音源 (Audio Sample)
CD
■出版社 (Publisher)
ウインドアート
■解説 (Commentary)
ぷれりゅーど
~ミュージカル・いちかわ「真夏の夜の夢」より~ぷれりゅーど- Prelude –
2002年8月31日,市川市では初のオリジナルミュージカルが公開される。脚本,演出,音楽,演奏,出演者に至るまで,全て市川市在住者で構成するという企画だ。題材は総合演出を担当する吉原廣氏の「いちかわ・真夏の夜の夢」。夏休みが終わりに近付いた,ある一日の出来事をコミカルに描いたものである。このミュージカルは幼稚園児から年輩者まで約300人の出演者を募り,地域の触れあいを意図した要素が大変強いものである。音楽もそれに答えるべく,全曲に渡り馴染みやすいメロディーと新鮮なサウンドを念頭に手がけた。この「ぷれりゅーど」(2002)はミュージカル全25曲中のM20「命の意味」,M4「夏休みの過ごし方」,M11「親子たぬきの歌」のテーマを合成させたものである。独立曲としても扱える書式をとっている。演奏会のオープニングにお薦め!
■編成 (Instrumentation)
Piccolo
Flute 1
Flute 2
Oboe
Bassoon
Eb Clarinet
Clarinet 1
Clarinet 2
Clarinet 3
Alto Clarinet
Bass Clarinet
Alto Saxophone 1
Alto Saxophone 2
Tenor Saxophone
Baritone SaxophoneTrumpet 1
Trumpet 2
Trumpet 3
Horn 1
Horn 2
Horn 3
Horn 4
Trombone 1
Trombone 2
Trombone 3
Euphonium
Tuba
String Bass

Timpani / 3台〔28.25.23〕
Percussion 1 / Glock, Xylophone
Percussion 2 / Sus.cymbal, Tambourin, Triangle
Percussion 3 / Windchimes, Snare Drum, Sus.cymbal
Percussion 4 / Bass Drum

関連記事

  1. 「そよ風の吹く杜で…」~ 独奏フルートとコンサートバンドのために / BREEZE IN THE FOREST for Solo Flute and Concert Band

  2. 「ポンペイ」- 古代遺跡が語る大都市の繁栄と終焉 / Pompeii

  3. 「時のあとに」― 我が故里へのオマージュ / After the time we had

  4. ファンファーレ「みちびき」 / Fanfare Mi-Chi-Bi-Ki

  5. Fanfare – Wings of Glory

  6. ジェロミナツィオーネ

  7. 吹奏楽のための交響的詩曲「モーセとラメセス」 / Moses and Ramses – symphonic poem for wind orchestra

  8. 「ひと夏の恋」~ けやきの気に抱かれて… / Summer Camaraderie – Cherished by the KEYAKI Spirit

  9. 「リヤン・エテルネル」~ 浄められた天使たちの愛 / Les Liens Éternels – The Love of Angels in the Disaster

  10. 「伊賀伝承譜」~ 悠久なる忍びの掟 / The ”Iga” Mythology -The Old-established Ninja

  11. ファンファーレ「ミュージック・シティ」 / Fanfare “Music City”

  12. 「ザ・ウエスト・シンフォニー」より 第二楽章:ワールシュタット / ”The West Symphony” 2nd movement : Wahlstatt

  13. 碧き泉のほとりで

  14. 「オアフ島の情景」~碧き海と聖なる大地の歌 / Scenes from the Island of Oahu – The Sea and the Earth –

  15. 「稜線の風」― 北アルプスの印象 / ”Soaring over the Ridges” – the Impression of the North Alps