マリンバ協奏曲 / Marimba Concerto

■作品名 (Title)
マリンバ協奏曲
Marimba Concerto
■委嘱団体 (Commissioned organization)
打楽器奏者、高田亮氏 委嘱
■作品No (Work No)
076
■作曲年 (Composition year)
2008
■グレード (Grade)
4
■演奏時間 (Duration)
約10分00秒
■演奏可能最低人数 (musician)
30人
■参考音源 (Audio Sample)
■出版社 (Publisher)
デ・ハスケ
■解説 (Commentary)
この「マリンバ協奏曲」は日本で活躍するマリンバ奏者の高田亮氏の委嘱により2008年12月に作曲された。今日の吹奏楽界では珍しい、バロックや古典の雰囲気を感じさせる作風で第1楽章が描かれ、そして第2楽章では八木澤氏の得意とする優雅に響かせるコラール調で奏でられ、一転してスピーディーでエキサイティングな第3楽章で全体が構築されている。曲全体は途切れなく演奏される単一楽章形式で10分を越える大作であるが、音楽に持続力があり聴衆を魅了すべく協奏曲に仕上がっている。これまでに八木澤氏が書いてきた「ピアノと吹奏楽のための協奏的組曲」「トランペット協奏曲」「トロンボーン協奏曲」といった一連の“協奏曲シリーズ”の続編として位置付けられる作品と言えるであろう。世界初演は2008年12月、高田亮氏の独奏、加藤優氏の指揮、文教大学湘南校舎吹奏楽団、神奈川県立橘高等学校吹奏楽部、神奈川県立高津高等学校吹奏楽部の合同選抜バンドによって行われた。

高田氏の素晴らしい演奏のみならず、衣装を含めたパフォーマンスも反響を呼んだ!

■編成 (Instrumentation)

関連記事

  1. 地底都市「カッパドキア」― 妖精の宿る不思議な岩 / Cavetowns “Cappadocia” – Strangely shaped rocks where elves dwell

  2. マーチ「春薫る華」 / Scent of Spring

  3. 交響詩「母なる北方の大地 ― すべての生命を讃えて」 / Symphonic Poem “Northern Mother Earth – Praise for all living things”

  4. 「グラティチュード・ジャーニー」~ 永遠なる陸奥への想い / JOURNEY OF GRATITUDE – Caring Together with The Tohoku Region of Japan

  5. 「コンチェルティーノ」― ソロ・パーカッションとウインドオーケストラのための ― / Concertino for Solo Percussion and Wind Orchestra

  6. 華麗なる終焉へのオマージュ / Homage To A Glorious Ending