エンペドクレスの愛 / Empedocres’s love

■作品名 (Title)
エンペドクレスの愛
Empedocres’s love
■委嘱団体 (Commissioned organization)
熊本市民吹奏楽団 委嘱
■作品No (Work No)
053
■作曲年 (Composition year)
2007
■グレード (Grade)
4+
■演奏時間 (Duration)
約8分30秒
■演奏可能最低人数 (musician)
45人
■参考音源 (Audio Sample)
ブレーン
■出版社 (Publisher)
ブレーン
■解説 (Commentary)
熊本市民吹奏楽団の指揮者である山崎栄之進さんより「今までの八木澤作品と傾向の違う楽想かつ、多くの吹奏楽愛好者に親しまれる作品を」とご依頼を頂き作曲しました。以前、阿蘇にも連れて行って頂いたこともあり、当初は自然描写的な作品を書くつもりでいましたが、過去の作風と重なる雰囲気があり断念しました。テーマに悩んだある日、私が何度か訪れた際に感じた熊本のイメージを紙に書き出してみました。壮大な【地】、美味しい【水】、阿蘇の【風】、そして象徴となる【火】。すると哲学史で有名なエンペドクレス(B.C.450年頃)の唱えた4つの元素(リゾマータ)の根源に偶然一致することに気づきました。エンペドクレスとは詩人であり、医者でもあり、そして呪術的な能力も持った宗教家でもあり、最期はエトナ山の火口に飛込んで死んだ人物して知られる哲学者です。彼はこの4つの元素はもともと一つの球体で、【愛】と【憎しみ】の力関係が加わることで、配合が変化し異なる物質に見えると唱えています。今回はこういったやや観念的なアプローチから音楽を創り出してみました。
■編成 (Instrumentation)

関連記事

  1. 「永劫の翼」~ ジョン・フレミングの法則 ~ / The Wings of Eternity – Fleming’s Left Hand Rule

  2. ペル・ソナーレ / Per-Sonare

  3. MARCH – OHARA

  4. 「セントルイスの風」~万国博覧会に向けた男の情熱とロマン~ / The Wind of St.Louis – A Man’s Dream of The Louisiana Purchase Exposition

  5. 「桜桃の実る季節 」~ 大地に輝く紅い宝石 / The Time of the Cherries – Red jewels coming up from the ground

  6. 古代より伝わる三つの儀式(金管8重奏)

  7. 春のスケッチ / The Spring Sketches: Based on Fanfare – Young Pheasants in the Sky

  8. 眩い星座になるために… / To Be Vivid Stars

  9. 「ある街の風景」~イタリア・ローマにて / A Scene of Rome

  10. 「空と大地の間で」〜愛の実る季節に / On The Earth, Under The Sky

  11. シンフォニック・エピソード I / Symphonic Episode I

  12. 「ヴォンゴレ!」~バリトン・サクソフォーンとコンサート・バンドのために / VONGOLE! – for Solo Baritone Saxophone and Concert Band

  13. 大空からの贈り物 / Gifts from the Great Sky

  14. ヴィンクロ・エテルノ / Vinculo Eterno

  15. 邯鄲の夢 / Ephemeral Dream of Prosperity