大地に咲く花を讃えて / Hymn to the Flowers in Bloom on the Earth

■作品名 (Title)
大地に咲く花を讃えて / Hymn to the Flowers in Bloom on the Earth
■委嘱団体 (Commissioned organization)

豊能町教育委員会×フィルハーモニック・ウインズ 大阪 協定締結10周年記念委嘱作品

■作品No (Work No)
220
■作曲年 (Composition year)
2021
■グレード (Grade)
3.5
■演奏時間 (Duration)
8:30
■演奏可能最低人数 (musician)
40
■参考音源 (Audio Sample)
■出版社 (Publisher)
ティーダ出版(出版譜)
■解説 (Commentary)

「大地に咲く花を讃えて」/八木澤教司

きれいな水、澄んだ空気、緑あふれる大阪・豊能町の教育委員会、そしてシカゴで開催された国際的な吹奏楽イベントであるミッドウエストクリニックに出演し、大成功を収めたフィルハーモニック・ウインズ大阪(オオサカン)。この両者が「教育・文化・芸術等の振興に関する協定」を締結して10周年を迎えられたことを記念して作曲しました。
地域に根ざした文化振興や両者の結束力、そして今後さらなる発展を遂げるであろう希望を、大地に力強く咲いている花になぞらえています。私にとって豊能町の印象は、四季折々に風情のある里山の風景を臨み、たんぽぽやひまわりやコスモスといった花々が美しく咲きみだれ、この地ならではの興味深い民話や伝承が存在していることです。こうした豊能町の雰囲気を大切にしながら、正指揮者である松尾共哲氏とオオサカンの華やかで表情豊かな音楽性を生かすべく曲想をイメージしました。
なお、豊能町歌を類推させるフレーズを「希望」の象徴として使用しています。豊能町とオオサカンが工夫を凝らし文化の発展に寄与している活動を、より多くの方々へ伝えられる作品となれば幸いです。(八木澤教司)

■編成 (Instrumentation)



関連記事

  1. 「聖徳太子の地球儀」― 斑鳩寺に鎖された記憶 / Prince Shotoku’s Globe – A memory sealed in the Ikaruga Temple

  2. ぷれりゅーど / Prelude

  3. 「ザ・ウエスト・シンフォニー」より 第一楽章:草原の蒼き狼 / ”The West Symphony” 1st movement : The Blue Wolf on the Plateau

  4. 蒼天の鳥たち / Birds in the Azure Sky

  5. ファンファーレ「天と大地からの恵み」 / Fanfare – The Benefaction from Sky and Mother Earth

  6. 枕草子「春はあけぼの」/ THE PILLOW BOOK – The Sense of Spring

  7. 春の贈り物/BLOOM – THE GIFT OF SPRING

  8. インテルメッツォ ~ 独奏クラリネットとウインドアンサンブルのための / Intermezzo – for Clarinet and Concert Band

  9. 交響詩「母なる北方の大地 ― すべての生命を讃えて」 / Symphonic Poem “Northern Mother Earth – Praise for all living things”

  10. 愁陽の路 / Sentimentale

  11. 空中都市「マチュピチュ」― 隠された太陽神殿の謎【2019改訂版】 / Machu Picchu : City in the Sky (2019 Version)

  12. 春の詩 ― 風の丘の物語 / A poem of spring-story of the windy hill

  13. 「永劫の灯火」- 日光の社寺を夢む

  14. Celebres Overture

  15. オルガンと吹奏楽のための祝典ファンファーレ / The Celebration Fanfare for Organ and Wind Orchestra