ヴィンクロ・エテルノ / Vinculo Eterno

■作品名 (Title)
ヴィンクロ・エテルノ
Vinculo Eterno
■委嘱団体 (Commissioned organization)
東北福祉大学委嘱シリーズ第10作
■作品No (Work No)
180
■作曲年 (Composition year)
2017
■グレード (Grade)
5
■演奏時間 (Duration)
約7分00秒
■演奏可能最低人数 (musician)
45人
■参考音源 (Audio Sample)
■出版社 (Publisher)
未出版 ※委嘱団体がしばらく演奏権利を独占します
■解説 (Commentary)
ヴィンクロ・エテルノ/八木澤教司 作曲

東北福祉大学吹奏楽部委嘱シリーズ第10作。音楽監督である松崎泰賢先生の指揮、同大学吹奏楽部によって5月に世界初演、今回は改訂版の初演となります。
委嘱シリーズ第6作《「リヤン・エテルネル」~ 浄められた天使たちの愛》と同じくタイトルの意味は「永遠の絆」という意味です。「リヤン・エテルネル」がフランス語であったのに対して「ヴィンクロ・エテルノ」はスペイン語やポルトガル語で同じ意味です。
これまで10作品の新作の提供をはじめ多くの機会で東北福祉大学吹奏楽部の学生さんとご一緒させて頂きました。当然ながら学生さんたちは入れ替わっていきましたが、卒業しても演奏会やコンクールの応援に駆けつける姿を見て、いつも彼らは音楽を通して「強い絆で結ばれている」と感じていました。そんな彼らにピッタリのタイトルを再び名付けたのがこの作品です。

■編成 (Instrumentation)

関連記事

  1. 「西風に揺られて」~ 熱き心の鼓動が鳴り響く / Swaying in the West Wind – The Resounding Passionate Heartbeat

  2. オルガンと吹奏楽のための祝典ファンファーレ / The Celebration Fanfare for Organ and Wind Orchestra

  3. 地底都市「カッパドキア」― 妖精の宿る不思議な岩 / Cavetowns “Cappadocia” – Strangely shaped rocks where elves dwell

  4. 「希望の舟」- 薩摩維新伝 / The Ships of High Hope – The Leading Spirit from Satsuma

  5. 「いちかわ・真夏の夜の夢」バンドセレクション -ミュージカル附随音楽より- / ”Ichikawa, Midsummer Night’s Dream” Band Selection – From Musical Accompany Music –

  6. 「公慶の悲願」~ 東大寺大仏殿、再建への道 【小編成改作版】 / The Earnest Wish of Priest Kokei

  7. ソング・オブ・スピリット / SONG OF THE SPIRIT

  8. ファンファーレ「愛と夢の溢れる街」 / Fanfare “a city full of love and dreams”

  9. 祝典序曲「パシフィック・シティ」 / FESTIVE OVERTURE – City of the Pacific

  10. 「グラティチュード・ジャーニー」~ 永遠なる陸奥への想い / JOURNEY OF GRATITUDE – Caring Together with The Tohoku Region of Japan

  11. March – Tin – Sagu

  12. 「マヤの紋章」第2部:忘れられた無数の遺跡群 / ”Mayan Coat of Arms” Part 2: Forgotten Countless Ruins

  13. 春の詩 ― 風の丘の物語 / A poem of spring-story of the windy hill

  14. 「シパダン」~ 美しき平和な島への願い / SIPADAN – Inspiration from Peaceful Island

  15. 「優位な曲線」― ヴァシリー・カンディンスキーに寄せて / Dominant Curve – An Artwork of. Wassily Kandinsky