ハート・イン・モーション / Heart in Motion

■作品名 (Title)
ハート・イン・モーション
Heart in Motion
■委嘱団体 (Commissioned organization)
陸上自衛隊第1音楽隊創隊60周年記念 委嘱
■作品No (Work No)
148
■作曲年 (Composition year)
2014
■グレード (Grade)
3+
■演奏時間 (Duration)
約3分15秒
■演奏可能最低人数 (musician)
35人
■参考音源 (Audio Sample)
■出版社 (Publisher)
デ・ハスケ
■解説 (Commentary)
■ ハート・イン・モーション/八木澤教司 作曲陸上自衛隊第1音楽隊の創立60周年記念委嘱作品。陸上自衛隊第1師団長である反怖謙一陸将が信念として掲げている「根を養えば樹は自ら育つ」(目に見える幹・枝・葉・実・花を支えているのが根であり、人間も同じ目に見えない心構え・気概・心意気・熱意・情熱をしっかり備えなければ何事もなし得ない)から作曲者の八木澤教司はインスピレーションを受け、明るく華やかなファンファーレと温かいコラールから成る躍動的な音楽を創り上げた。初演時は《ハート・オブ・シンセリティ》として公表されたが、出版社の意向でより世界中に親しまれるタイトルとして《ハート・イン・モーション》が提案され委嘱団体の快諾のもとで改名された。尚、この新しいタイトルは第1音楽隊長である伊東札記1等陸尉の言葉から発想を得て名付けられている。世界初演は2014年3月に同音楽隊によって行われた。

■ HEART IN MOTION/Music by Satoshi YAGISAWA

Heart in Motion was commisioned by the wind band of the Japan Ground Self-Defence Force on their 60th anniversary. The brief for the commission stipulated that the development of the ensemble be depicted in music as a tree which―with careful nurturing―grows branches twigs, leaves and fruit. Apart from these visible characteristics, the development of a successful musical community has also called on a positive attitude, enthusiasm and passion. Inspired by these images and concepts, Satoshi Yagisawa has composed a magnificent fanfare followed by a warm-sounding chorale. The work, commissioned under the title Heart of Sincerity, was renamed Heart in Motion shortly before the premiere―which was played by the above-named band in March 2014. The title perfectly reflects the message carried within the music.

ハート・オブ・シンセリティ
HEART OF SINCERITY

■編成 (Instrumentation)

関連記事

  1. 薩摩唄幻想 / Satsuma Song Fantasy

  2. 「ペルセウス」― 大空を翔る英雄の戦い / Perseus A Hero’s Quest in the Heavens (with Choir)

  3. 「そよ風の吹く杜で…」~ 独奏フルートとコンサートバンドのために / BREEZE IN THE FOREST for Solo Flute and Concert Band

  4. 「ザ・ウエスト・シンフォニー」より 第二楽章:ワールシュタット / ”The West Symphony” 2nd movement : Wahlstatt

  5. 華麗なる終焉へのオマージュ / Homage To A Glorious Ending

  6. ファンファーレ「みちびき」 / Fanfare Mi-Chi-Bi-Ki