ファンファーレ「天と大地からの恵み」 / Fanfare – The Benefaction from Sky and Mother Earth

■作品名 (Title)
ファンファーレ「天と大地からの恵み」
Fanfare – The Benefaction from Sky and Mother Earth
■委嘱団体 (Commissioned organization)
小山市交響吹奏楽団結成30周年記念 委嘱
■作品No (Work No)
100
■作曲年 (Composition year)
2010
■グレード (Grade)
3+
■演奏時間 (Duration)
約2分30秒
■演奏可能最低人数 (musician)
35人
■参考音源 (Audio Sample)
■出版社 (Publisher)
    
■解説 (Commentary)
ファンファーレ「天と大地からの恵み」[世界初演]/八木澤教司 作曲

2019年11月9日、天皇陛下御即位奉祝記念式典・国民祭典において天皇皇后両陛下「お出迎えのファンファーレ」

小山市交響吹奏楽団結成30周年記念委嘱作品として作曲し本日が世界初演となる祝典ファンファーレ。タイトルからも想像できると思いますが、小山のキャッチコピーである「水と緑と大地」から発想を得て制作にあたりました。団員の皆さんとは数年前《太陽への讃歌―大地の鼓動》を演奏して頂いた時に出会いましたが、音楽に対する熱い想いを肌で感じ、素晴らしいバンドだと感銘を受けたことを今でも覚えています。又、常任指揮者である原進さんとはCDレコーディングや新作の初演をして頂いたこともあって気心の知れた仲。原さんの人柄がにじみ出る音楽創りにはいつも感動し、その温かい音楽性を私は尊敬しています。このように指揮者と団の雰囲気を予め知っていたこともあり、心より信頼し安心した気持ちで作曲できました。本日の演奏も団にとって、そして小山に縁のある皆様にとっても輝かしい未来を予感させるものになると確信しています。残念ながら私は先約があり本日は会場に伺うことはできません。それだけが心残りです。ですが心より演奏会のご成功、そして結成30周年を祝福申し上げます。(初演プログラムノートより)

■編成 (Instrumentation)

ファンファーレ「天と大地からの恵み」  作曲:八木澤教司 Fanfare – The Benefaction from Sky and Mother Earth Satoshi Yagisawa【吹奏楽 楽譜セット】

価格:13,700円
(2020/6/13 05:12時点)
感想(0件)

関連記事

  1. 「永劫の灯火」- 日光の社寺を夢む

  2. コンサートマーチ「ザ・ヴィクトリア・ピーク」 / The Victoria Peak ~ Concert March ~

  3. 「死者の支配する国」― 崇高なる光に包まれて / The Living Cherish the Deceased

  4. MISSION – Robert Morrison

  5. 吹奏楽のための抒情詩「秋風の訴え」 / The Lyric for WindOrchstra “Appeals of Autumnal Winds”

  6. 「悠久慕情譜」~ 静御前の涙に寄せて…

  7. パンドーラの箱 / Pandora’s Box

  8. 「ザ・ウエスト・シンフォニー」より 第二楽章:ワールシュタット / ”The West Symphony” 2nd movement : Wahlstatt

  9. ユーフォニアム協奏曲 / Euphonium Concerto

  10. 祝典前奏曲「未来への緑風」 / Prelude to a Commemoration “Green Wind Heading for the Future”

  11. 古代都市「ペトラ」― 砂漠に眠る薔薇色の彫刻 / Ancient City of Petra – a rosy engraving asleep in desert

  12. 「永劫の翼」~ ジョン・フレミングの法則 ~ / The Wings of Eternity – Fleming’s Left Hand Rule

  13. 「インスパイア!」 ~ 夢見る子供の旅 / INSPIRE! – Journey of a Child’s Dream

  14. March – Chagu – Chagu

  15. アルファモニック序曲 / Alphamonic Overture