ファセクラ / FAXICVRA

■作品名 (Title)
ファセクラ
FAXICVRA
■委嘱団体 (Commissioned organization)
東北福祉大学吹奏楽部委嘱シリーズ第8作
■作品No (Work No)
159
■作曲年 (Composition year)
2015
■グレード (Grade)
5
■演奏時間 (Duration)
約8分00秒
■演奏可能最低人数 (musician)
45人
■参考音源 (Audio Sample)
■出版社 (Publisher)
ウインドアート
■解説 (Commentary)
ファセクラ/八木澤教司東北福祉大学吹奏楽部委嘱シリーズ第8作。今回の作品のテーマは「支倉常長」。言うまでもなく約400年前の江戸時代初めに仙台藩主であった伊達政宗の命令によりサン・ファン・バウティスタ号でスペインに出航した人物です。支倉常長は大航海を通じて見たものは何か、日本とは異なる新たな地で何を感じたのかをイメージしたドラマチックな作品に仕上げています。仙台を活動の拠点とする学生さんたちにとって、この地の歴史や偉人を深く探りながら音楽に向かい合って欲しいという願いを込めて作曲しました。(八木澤教司)

FAXICVRA / Satoshi YAGISAWA
Commissioned by Tohoku Fukushi University Wind Ensemble.

FAXICVRA is a Latin name for Hasekura Tsunenaga, a samurai in Early Edo period. In the early 17th century, Date Masamune, Lord of the Sendai domain in Mutsu Province got permission on diplomatic negotiations between Spain and Japan. He built a galleon (a large sailing vessel) named “San Juan Bautista” and appointed Hasekura Tsunenaga as the ambassador for the journey.

Through Yagisawa’s imagination, he retraced the journey of Hasekura and compose this music for all to learn about this great person in Japanese diplomatic history.

The world premiere was performed by Tohoku Fukushi University Wind Ensemble and conducted by their band director, Mr. Matsuzaki Taken in May, 2015.

指揮:松崎泰賢 演奏:東北福祉大学吹奏楽部

Conductor : Taiken MASTUZAKI Performance : Tohoku Fukushi University Wind Ensemble

■編成 (Instrumentation)

関連記事

  1. ファンファーレ「はやぶさ」 / Fanfare – HAYABUSA

  2. 「ホワイト・パスポート」~ 夢に生き、光の国へ旅立ったある少女へのオマージュ / White passport to Heaven

  3. 吹奏楽のための交響的詩曲「モーセとラメセス」 / Moses and Ramses – symphonic poem for wind orchestra

  4. 「コンチェルティーノ」― ソロ・パーカッションとウインドオーケストラのための ― / Concertino for Solo Percussion and Wind Orchestra

  5. 「いにしえの道」~ 崇高なる紀伊の大自然を讃えて / ”The Road of the Ancients” – In Honor of the Sublime Nature of Kii

  6. 太陽への讃歌 ― 大地の鼓動 / Hymn to the Sun – With the Beat of Mother Earth