ゴールデン・ジュビレーション / A Golden Jubilation

■作品名 (Title)
ゴールデン・ジュビレーション
A Golden Jubilation
■委嘱団体 (Commissioned organization)
愛知工業大学名電高等学校吹奏楽部 第50回記念定期演奏会 委嘱
■作品No (Work No)
152
■作曲年 (Composition year)
2014
■グレード (Grade)
3+
■演奏時間 (Duration)
約2分30秒
■演奏可能最低人数 (musician)
30人
■参考音源 (Audio Sample)
   
■出版社 (Publisher)
   
■解説 (Commentary)
この作品は日本の中部地方を拠点に活動する名門バンド・愛知工業大学名電高等学校吹奏楽部の第50回記念定期演奏会委嘱作品として作曲され、伊藤宏樹先生指揮、同バンドによって2015年1月に名古屋国際会議場センチュリーホールにおいて世界初演された。タイトルの「ゴールデン・ジュビレーション」とは「50回記念の祝典」という意味がある。
伊藤先生は“演奏会のオープニングに毎度使用できるような、2分程度の華やかでスピード感に溢れるファンファーレを書いて欲しい”と親交の深い八木澤教司に依頼。作曲者は約200名ものメンバーを持つこの日本最高峰バンドのために、ゴージャスかつエレガントな音楽を生み出した。
原曲はバンダや特殊管楽器、ハープなども含む超大編成で作曲されていたが、この楽譜は世界中の多くのバンドが取り組みやすいよう、作曲者自身によって改編された新バージョンである。
■編成 (Instrumentation)

関連記事

  1. 吹奏楽のための抒情詩「秋風の訴え」 / The Lyric for WindOrchstra “Appeals of Autumnal Winds”

  2. シンフォニックバンドのための「ラルゴ」 / Largo for Symphonic Band

  3. 「インスパイア!」 ~ 夢見る子供の旅 / INSPIRE! – Journey of a Child’s Dream

  4. ファセクラ / FAXICVRA

  5. マーチ「春薫る華」 / Scent of Spring

  6. 薩摩唄幻想 / Satsuma Song Fantasy

  7. KYO-WA

  8. Celebres Overture

  9. 吹奏楽のための音詩「我ら鷲の如く空を舞う」 / A Tone Poem for Wind Orchestra”Like the Eagle, We Soar and Rise”

  10. 「マヤの紋章」第2部:忘れられた無数の遺跡群 / ”Mayan Coat of Arms” Part 2: Forgotten Countless Ruins

  11. 「伊賀伝承譜」~ 悠久なる忍びの掟 / The ”Iga” Mythology -The Old-established Ninja

  12. 「プリマヴェーラ」- 美しき山の息吹き【小編成改作版】 / Primavera – Beautiful Mountain Winds

  13. 「手児奈」〜 万葉の美しき娘 / TEKONA – The Legendary Girl from Ichikawa

  14. ユーフォニアム協奏曲 / Euphonium Concerto

  15. 行進曲「故郷の想い出」 / March Willing and Able