ゴールデン・ジュビレーション / A Golden Jubilation

■作品名 (Title)
ゴールデン・ジュビレーション
A Golden Jubilation
■委嘱団体 (Commissioned organization)
愛知工業大学名電高等学校吹奏楽部 第50回記念定期演奏会 委嘱
■作品No (Work No)
152
■作曲年 (Composition year)
2014
■グレード (Grade)
3+
■演奏時間 (Duration)
約2分30秒
■演奏可能最低人数 (musician)
30人
■参考音源 (Audio Sample)
   
■出版社 (Publisher)
   
■解説 (Commentary)
この作品は日本の中部地方を拠点に活動する名門バンド・愛知工業大学名電高等学校吹奏楽部の第50回記念定期演奏会委嘱作品として作曲され、伊藤宏樹先生指揮、同バンドによって2015年1月に名古屋国際会議場センチュリーホールにおいて世界初演された。タイトルの「ゴールデン・ジュビレーション」とは「50回記念の祝典」という意味がある。
伊藤先生は“演奏会のオープニングに毎度使用できるような、2分程度の華やかでスピード感に溢れるファンファーレを書いて欲しい”と親交の深い八木澤教司に依頼。作曲者は約200名ものメンバーを持つこの日本最高峰バンドのために、ゴージャスかつエレガントな音楽を生み出した。
原曲はバンダや特殊管楽器、ハープなども含む超大編成で作曲されていたが、この楽譜は世界中の多くのバンドが取り組みやすいよう、作曲者自身によって改編された新バージョンである。
■編成 (Instrumentation)

関連記事

  1. 仰ぎ見ること ~ 泰山北斗の如し / Be great like “Mt.Taishan” Twinkle like “The Big Dipper !”

  2. 太陽への讃歌 ― 大地の鼓動 / Hymn to the Sun – With the Beat of Mother Earth

  3. 「プリマヴェーラ」- 美しき山の息吹き【小編成改作版】 / Primavera – Beautiful Mountain Winds

  4. 「ポンペイ」- 古代遺跡が語る大都市の繁栄と終焉 / Pompeii

  5. ファンファーレ「サーガ」/ Fanfare GAGA

  6. ファンファーレ「天と大地からの恵み」 / Fanfare – The Benefaction from Sky and Mother Earth

  7. ファンファーレ「はやぶさ」 / Fanfare – HAYABUSA

  8. 「ヴォヤージュ」― 夢と冒険の翼 / Voyage – Flight To A Hopeful Future

  9. ハート・イン・モーション / Heart in Motion

  10. 交響詩「母なる北方の大地 ― すべての生命を讃えて」 / Symphonic Poem “Northern Mother Earth – Praise for all living things”

  11. オルガンと吹奏楽のための祝典ファンファーレ / The Celebration Fanfare for Organ and Wind Orchestra

  12. ピアノと吹奏楽のための協奏的組曲 / A Concerted Suite for Piano and Wind Orchestra

  13. インテルメッツォ ~ 独奏クラリネットとウインドアンサンブルのための / Intermezzo – for Clarinet and Concert Band

  14. 「烏山頭」~ 東洋一のダム建設物語 / The Beautiful Treasure – Wushantou Dam by Yoichi Hatta

  15. ユーフォニアム協奏曲 / Euphonium Concerto