吹奏楽のための音詩「輝きの海へ」 / A Tone Poem For WindOrchestra “And Then The Ocean Glows”

■作品名 (Title)
吹奏楽のための音詩「輝きの海へ」
A Tone Poem For WindOrchestra “And Then The Ocean Glows”
■委嘱団体 (Commissioned organization)
千葉県市川市立新浜小学校吹奏楽部委嘱
■作品No (Work No)
008
■作曲年 (Composition year)
2002
■グレード (Grade)
3
■演奏時間 (Duration)
約6分40秒
■演奏可能最低人数 (musician)
35人
■参考音源 (Audio Sample)
■出版社 (Publisher)
    
■解説 (Commentary)
吹奏楽のための音詩「輝きの海へ」
~千葉県市川市立新浜小学校委嘱作品~A Tone Poem For WindOrchestra
“And Then The Ocean Glows”(2002)
Commissioned by Nihama Primary School, Ichikawa City, Chiba Pref.

吹奏楽のための音詩「輝きの海へ」(2002)この作品は千葉県市川市立新浜小学校吹奏楽部の顧問である田川伸一郎先生より委嘱を頂き,2002年4月に完成しました。作曲にあたって「《輝きの海へ》というタイトルで【キラキラと輝く朝の海】【荒れ狂う嵐の海】【優しく包み込むような雄大な海】を表現してほしい。同時に子供たちが多くの困難をも乗り越え,希望のある未来へと向かってほしい」というメッセージを込めるよう頼まれました。作曲に取り組む前,練習の見学に伺い田川先生の子供たちに対する多くの愛情,それに応えるべく子供たちの熱心な眼差しに触れたことで,私は心より気持ちを込めてこの作品を書かせて頂くことができました。同作品は前述の通り,親しみやすいテーマになっています。今後は中学・高校生をはじめ多くの吹奏楽団に演奏して頂けましたら何よりの喜びです。
田川伸一郎先生指揮,市川市立新浜小学校吹奏楽部は本年度,吹奏楽コンクールの自由曲として《輝きの海へ》を演奏。東関東代表として第二回東日本学校吹奏楽大会に出場し金賞を受賞。並びに平成14年度TBSこども音楽コンクール文部科学大臣奨励賞〔全国一位〕を受賞し,サントリーホールにおいて素晴らしい演奏を披露しました。〔21世紀の吹奏楽第6回“響宴”プログラムノートより〕■ 作曲にあたっての細かな経緯はコチラ
■編成 (Instrumentation)
Piccolo
Flute 1
Flute 2
Oboe
Bassoon 1
Eb Clarinet
Clarinet 1
Clarinet 2
Clarinet 3
Alto Clarinet
Bass Clarinet
Alto Saxophone 1
Alto Saxophone 2
Tenor Saxophone
Baritone SaxophoneTrumpet 1
Trumpet 2
Trumpet 3
Horn 1
Horn 2
Horn 3
Horn 4
Trombone 1
Trombone 2
Trombone 3
Euphonium
Tuba
String BassTimpani / 4台
Percussion 1 / Glock〔コントラバスの弓が必要〕, Chimes
Percussion 2 / Vibraphone, Gong, Triangle, Cymbals
Percussion 3 / WindChimes, Ocean Drum, Toms(4), Cymbals
Percussion 4 / Triangle(3-大,中,小), Sus.cymb, Rachet, WindChimes, Gong
Percussion 5 / Wood block, Bass Drum, WindChimes

関連記事

  1. 交響詩「母なる北方の大地 ― すべての生命を讃えて」 / Symphonic Poem “Northern Mother Earth – Praise for all living things”

  2. 「ホワイト・パスポート」~ 夢に生き、光の国へ旅立ったある少女へのオマージュ / White passport to Heaven

  3. 吹奏楽のための詩曲「はてしなき大空への讃歌」 / Poem for Wind Orchestra “Hymn to the infinite sky”

  4. 「サグラダファミリアの鐘」― ガウディの継がれゆく意志 / The Bells of Sagrada Familia – An everlasting will of Antoni Gaudi

  5. アチャラナータの祭典 / Festival of acharanata

  6. 「モアイ」― 太陽を見つめる七体の巨像 / Moai – The Seven Giant Statues Gazing at the Sun

  7. 「聖徳太子の地球儀」― 斑鳩寺に鎖された記憶 / Prince Shotoku’s Globe – A memory sealed in the Ikaruga Temple

  8. 吹奏楽のための抒情詩「秋風の訴え」 / The Lyric for WindOrchstra “Appeals of Autumnal Winds”

  9. 愁陽の路 / Sentimentale

  10. ウインドアンサンブルのための「パーテル・ノステル II」 / Patel Noster II for Wind Ensemble

  11. ファンファーレ「ミュージック・シティ」 / Fanfare “Music City”

  12. アダージョ ~ ソロ・クラリネットとウインドアンサンブルのための / Adagio -for solo clarinet and wind ensemble

  13. アルファモニック序曲 / Alphamonic Overture

  14. 「故郷の情景」― グリーグの主題による / The Scene of the Homeland- on theme by Edvard Greig

  15. モンセラット  /  MONTSERRAT