「故郷の情景」― グリーグの主題による / The Scene of the Homeland- on theme by Edvard Greig

■作品名 (Title)
「故郷の情景」― グリーグの主題による
The Scene of the Homeland- on theme by Edvard Greig
■委嘱団体 (Commissioned organization)
航空自衛隊中部航空音楽隊 委嘱
■作品No (Work No)
018
■作曲年 (Composition year)
2004
■グレード (Grade)
3+
■演奏時間 (Duration)
約3分00秒
■演奏可能最低人数 (musician)
30人
■参考音源 (Audio Sample)
■出版社 (Publisher)
ウインドアート
■解説 (Commentary)
八木澤 教司 「故郷の情景」―グリーグの主題による
~ 航空自衛隊中部航空音楽隊委嘱作品 ~
■八木澤教司 「故郷の情景」―グリーグの主題による (2004)
The Scene of the Homeland- on theme by Edvard Greig (2004)/Satoshi Yagisawa
■レンタル価格: 10,500円 (本体価格:10,000円)■演奏時間:約4分
■演奏レベル:中級
■演奏可能最低人数:30人
■作品解説
「トランペット協奏曲」に続く,航空自衛隊中部航空音楽隊平成15年度委嘱作品。
大学時代にグリーグのピアノ曲に魅了された時期がありました。優しさと共にどこと なく寂しさを感じさせる作品,楽しく陽気な気持ちになる作品,民謡を用いた作品などグリーグの多彩 な作風に当時の私は強く憧れました。そんなグリーグの作品の中に 特に私の琴線に触れたものがありました。《抒情小品集第3集(op.43)》より“故郷 にて”。今回はこの作品の主題を用いた3分程度の小品をお楽しみください。(八木澤 教司)
■編成 (Instrumentation)
Piccolo
Flute 1
Flute 2
Oboe
Bassoon
Clarinet 1
Clarinet 2
Clarinet 3
Bass Clarinet
Alto Saxophone 1
Alto Saxophone 2
Tenor Saxophone
Baritone SaxophoneTrumpet 1
Trumpet 2
Trumpet 3
Horn 1
Horn 2
Horn 3
Trombone 1
Trombone 2
Trombone 3
Euphonium
Tuba
String Bass

Timpani
Percussion 1/Vibraphone,Glockenspiel ,Chime
Percussion 2/Suspended Cymbal
Percussion 3/Windchimes,Bass Drum

関連記事

  1. 暁光の幻 / A VISION OF THE FIRST LIGHT

  2. 「永劫の翼」~ ジョン・フレミングの法則 ~ / The Wings of Eternity – Fleming’s Left Hand Rule

  3. 古都 -四季の彩り / FOUR SEASONS OF JAPAN

  4. 地底都市「カッパドキア」― 妖精の宿る不思議な岩 / Cavetowns “Cappadocia” – Strangely shaped rocks where elves dwell

  5. ゴールデン・ジュビレーション / A Golden Jubilation

  6. MARCH – OHARA

  7. インテルメッツォ ~ 独奏クラリネットとウインドアンサンブルのための / Intermezzo – for Clarinet and Concert Band

  8. 「エスポワール」~ 希望への道 /  L’Espoir

  9. Celebres Overture

  10. 輝ける夏の日へ / A Glorious Summer Day

  11. 祝典序曲「パシフィック・シティ」 / FESTIVE OVERTURE – City of the Pacific

  12. 蒼天の鳥たち / Birds in the Azure Sky

  13. サクソフォーン協奏曲第1番「ミスティック・クエスト」 / Saxophone Concerto No.1

  14. ぬくもりの庭 / My Cozy Garden

  15. 「散歩、日傘をさす女性」― クロード・モネに寄せて / Promenade, la femme a l’ombrell