悠遠の羇旅~芭蕉の歩いた出羽路 / FARAWAY JOURNEY – Five Haiku by Matsuo Basho

■作品名 (Title)
悠遠の羇旅~芭蕉の歩いた出羽路 / FARAWAY JOURNEY – Five Haiku by Matsuo Basho
■委嘱団体 (Commissioned organization)

山形県立東桜学館高等学校吹奏楽部 委嘱作品

■作品No (Work No)
216
■作曲年 (Composition year)
2021
■グレード (Grade)
4.5
■演奏時間 (Duration)
8:30
■演奏可能最低人数 (musician)
35
■参考音源 (Audio Sample)
未出版
■出版社 (Publisher)
未出版/お問合せ先
■解説 (Commentary)

■ 悠遠の羇旅~芭蕉の歩いた出羽路 / 八木澤教司
■ FARAWAY JOURNEY – Five Haiku by Matsuo Basho / Satoshi YAGISAWA

山形県立東桜学館高等学校吹奏楽部委嘱作品として2021年5月に作曲、7月にラジオ放送により世界初演。山形と言えば「おくのほそ道」で知られるように松尾芭蕉が俳諧紀行をした自然豊かな地である。同部顧問である布川清史先生のご意向で、同高校の生徒さんたちに馴染深い芭蕉の五つの俳句を基に構成した。

眉掃を 俤にして 紅粉の花
閑さや 岩にしみ入る 蝉の声
五月雨を あつめて早し 最上川

雲の峰 幾つ崩れて 月の山
暑き日を 海に入れたり 最上川

芭蕉がこの俳諧紀行で出羽路(山形付近)を歩いたのが46歳、ちょうど私と同じ歳である。これも何かのご縁であろうと思い、自分自身で何度も訪れた山形の美しい風景と風土、温かい人々の様子を重ねながらイメージを膨らませた。作曲家 八木澤教司

【指揮…八木澤教司/演奏…神戸女学院大学音楽学部ウインドオーケストラ】

■編成 (Instrumentation)

関連記事

  1. 交響詩「母なる北方の大地 ― すべての生命を讃えて」 / Symphonic Poem “Northern Mother Earth – Praise for all living things”

  2. 湖岸にめぐる桜

  3. 「稜線の風」― 北アルプスの印象 / ”Soaring over the Ridges” – the Impression of the North Alps

  4. アルファモニック序曲 / Alphamonic Overture

  5. アダージョ ~ ソロ・クラリネットとウインドアンサンブルのための / Adagio -for solo clarinet and wind ensemble

  6. 太陽への讃歌 ― 大地の鼓動 – 2010年改作版 - / Hymn to the Sun – With the Beat of Mother Earth

  7. 「マヤの紋章」第1部:偉大なる王と生贄の儀式 / ”Mayan Coat of Arms” Part 1: The great king and the ceremonial ceremonies

  8. 「死者の支配する国」― 崇高なる光に包まれて / The Living Cherish the Deceased

  9. 「エディソンの光」~ メンロパークの魔術師 / The Inventions of Thomas Alva Edison – The Wizard of Menlo Park –

  10. センテナリー・セレブレーション / Centenary Celebration

  11. 「けやきの杜で…」― 独奏トロンボーンとウインドアンサンブルのために / Sanctuary in the Zelkova Forest

  12. 華麗なる終焉へのオマージュ / Homage To A Glorious Ending

  13. 枕草子「春はあけぼの」/ THE PILLOW BOOK – The Sense of Spring

  14. 吹奏楽のための交響的詩曲「モーセとラメセス」 / Moses and Ramses – symphonic poem for wind orchestra

  15. ピアノと吹奏楽のための協奏的組曲 / A Concerted Suite for Piano and Wind Orchestra