フランボワイアン - 大地に広がる炎の花 / Flamboyant―Red Flames on the ground

■作品名 (Title)
フランボワイアン - 大地に広がる炎の花
Flamboyant―Red Flames on the ground
■委嘱団体 (Commissioned organization)
ジャパン・チェンバー・ウインズ 委嘱
■作品No (Work No)
013
■作曲年 (Composition year)
2003
■グレード (Grade)
3+
■演奏時間 (Duration)
約6分15秒
■演奏可能最低人数 (musician)
35人
■参考音源 (Audio Sample)
■出版社 (Publisher)
ウインドアート
■解説 (Commentary)
フランボワイアン~大地に広がる炎の花
~ジャパン・チェンバー・ウインズ委嘱作品
~Flamboyant―Red Flames on the ground(2003)

ジャパン・チェンバー・ウインズ委嘱作品。
同団がホームページ上で行ったアンケートの集計結果により、今回は「炎」をテーマに作曲することが決定した。しかし,なかなか具体的な題材が見つからない・・・。事典類を利用して「炎」を連想させようと試みても上手くいかない。同時に委嘱を受けている福島弘和さんは既に曲が完成しているという情報まで耳に届いてしまった・・・。そんな切迫した心境のなか、気分転換にとインターネットで検索をしていたら「炎の花」という語句に出会い、すぐにその言葉の虜となった。調査を進めていると、炎の花とはアフリカの大地に見られるマダガスカル原産のフランボワイアン(火焔樹)であることが判った。多くの旅行者たちの日記には写真と共にフランボワイアンを見た時の深い感動の言葉が記されていた。12月のシーズン期には炎の海とも思えるほど豪快に咲き乱れるそうだ。私はこの花を実際に見てはいないが、想像を最大限に膨らませ、大地に広がる炎の花が持つ力強さと優美な様子を描くことにした。

初演:2003年6月21日【大阪】〔指揮:加納 誠 演奏:ジャパン・チェンバー・ウインズ〕

■編成 (Instrumentation)

関連記事

  1. タイ北部民謡による狂詩曲「ラン・パーン」 / Rhapsody on Northern Thai folk song “Lum Pang”

  2. モンセラット  /  MONTSERRAT

  3. マーチ「春薫る華」 / Scent of Spring

  4. ファンファーレ「未知への飛翔」 / Fanfare – Flight to the Unknown World

  5. 吹奏楽のための音詩「我ら鷲の如く空を舞う」 / A Tone Poem for Wind Orchestra”Like the Eagle, We Soar and Rise”

  6. 「アンディアーモ!」~ 希望の風が通る街 / ”Andiamo!”-A city with a wind of hope

  7. 「希望の舟」- 薩摩維新伝 / The Ships of High Hope – The Leading Spirit from Satsuma

  8. ファンファーレ「ミュージック・シティ」 / Fanfare “Music City”

  9. 「エディソンの光」~ メンロパークの魔術師 / The Inventions of Thomas Alva Edison – The Wizard of Menlo Park –

  10. 「ラス・ボラス・グランデス」― 惑星を象る大石球の神秘 / Las Bolas Grandes

  11. 「ひたかの大地に」- 母なる北上川の記憶 / Hitaka – The History Of Mother Kitakami River

  12. 陽のあたる庭[バリトン・サクソフォーン&吹奏楽伴奏版] / My Sunny Graden

  13. 「フローレンスの絆」~ 愛に生きたクリミアの天使 / Florence Nightingale – Angel of the Crimea

  14. 「西風に揺られて」~ 熱き心の鼓動が鳴り響く / Swaying in the West Wind – The Resounding Passionate Heartbeat

  15. 「伊賀伝承譜」~ 悠久なる忍びの掟 / The ”Iga” Mythology -The Old-established Ninja