フランボワイアン - 大地に広がる炎の花 / Flamboyant―Red Flames on the ground

■作品名 (Title)
フランボワイアン - 大地に広がる炎の花
Flamboyant―Red Flames on the ground
■委嘱団体 (Commissioned organization)
ジャパン・チェンバー・ウインズ 委嘱
■作品No (Work No)
013
■作曲年 (Composition year)
2003
■グレード (Grade)
3+
■演奏時間 (Duration)
約6分15秒
■演奏可能最低人数 (musician)
35人
■参考音源 (Audio Sample)
■出版社 (Publisher)
ウインドアート
■解説 (Commentary)
フランボワイアン~大地に広がる炎の花
~ジャパン・チェンバー・ウインズ委嘱作品
~Flamboyant―Red Flames on the ground(2003)

ジャパン・チェンバー・ウインズ委嘱作品。
同団がホームページ上で行ったアンケートの集計結果により、今回は「炎」をテーマに作曲することが決定した。しかし,なかなか具体的な題材が見つからない・・・。事典類を利用して「炎」を連想させようと試みても上手くいかない。同時に委嘱を受けている福島弘和さんは既に曲が完成しているという情報まで耳に届いてしまった・・・。そんな切迫した心境のなか、気分転換にとインターネットで検索をしていたら「炎の花」という語句に出会い、すぐにその言葉の虜となった。調査を進めていると、炎の花とはアフリカの大地に見られるマダガスカル原産のフランボワイアン(火焔樹)であることが判った。多くの旅行者たちの日記には写真と共にフランボワイアンを見た時の深い感動の言葉が記されていた。12月のシーズン期には炎の海とも思えるほど豪快に咲き乱れるそうだ。私はこの花を実際に見てはいないが、想像を最大限に膨らませ、大地に広がる炎の花が持つ力強さと優美な様子を描くことにした。

初演:2003年6月21日【大阪】〔指揮:加納 誠 演奏:ジャパン・チェンバー・ウインズ〕

■編成 (Instrumentation)

関連記事

  1. 吹奏楽のための音詩「輝きの海へ」【中編成対応改作版】 / And Then the Ocean Glows

  2. 古都 -四季の彩り / FOUR SEASONS OF JAPAN

  3. エターナル・フレンドシップ / ETERNAL FRIENDSHIP

  4. 「ヴィクトリアの滝」~ 詩篇“大自然に生きる獅子たち”より ~

  5. 「コンチェルティーノ」― ソロ・パーカッションとウインドオーケストラのための ― / Concertino for Solo Percussion and Wind Orchestra

  6. MARCH – OHARA

  7. 「西風に揺られて」~ 熱き心の鼓動が鳴り響く / Swaying in the West Wind – The Resounding Passionate Heartbeat

  8. ニルヴァーナ / NIRVANA

  9. 「ザ・リング・オブ・ブロッガー」― 太古の聖なる祭壇 / “The Ring of Brodgar” The Stage of an Ancient Ritual

  10. 「セントルイスの風」~万国博覧会に向けた男の情熱とロマン~ / The Wind of St.Louis – A Man’s Dream of The Louisiana Purchase Exposition

  11. エンペドクレスの愛 / Empedocres’s love

  12. 「空と大地の間で」〜愛の実る季節に / On The Earth, Under The Sky

  13. 新たなる息吹き / A NEW BEGINNING

  14. 「レムリアー失われた大いなる遺産」 / Lemuria – The Lost Continent

  15. 「永劫の翼」~ ジョン・フレミングの法則 ~ / The Wings of Eternity – Fleming’s Left Hand Rule