ゆめみぐさ、まもりて / Guardians of Cherry Blossoms

■作品名 (Title)
ゆめみぐさ、まもりて / Guardians of Cherry Blossoms
■委嘱団体 (Commissioned organization)

岩手県北上市 展勝地開演100周年記念 委嘱

■作品No (Work No)
214
■作曲年 (Composition year)
2020
■グレード (Grade)
3.5
■演奏時間 (Duration)
7:15
■演奏可能最低人数 (musician)
20
■参考音源 (Audio Sample)
未出版
■出版社 (Publisher)
未出版/お問合せ先
■解説 (Commentary)

■ ゆめみぐさ、まもりて/八木澤教司

東北有数の桜の名所として知られる北上展勝地開園100周年記念委嘱作品。北上展勝地は、悠然と流れる北上川の河畔にあり「さくらの名所100選」「みちのく三大桜名所」に数えられています。岩手県北上市は私の出生地で、とても想い入れのある場所です。
タイトル《ゆめみぐさ、まもりて》の“ゆめみぐさ”とは、桜の咲く様子が夢のように美しく儚いことから名付けられた“夢見草”と表す桜の別称です。“まもりて”の言葉には、その桜を代々守っていく存在としての桜守や、受け継いでいく若い世代や担い手だけでなく、地元の宝を大切にしていきたい、という願いも込められています。
この作品は、第1部「桜並木の情緒ある風景」、第2部「さくらまつりの賑わいと人知れず支える桜守の存在」、第3部「展勝地の100周年を祝って映えある未来」という3つの場面を描いた約7分半の吹奏楽曲です。
北上市に縁のある団体には、この地に誇りを持って演奏してほしいと思います。たとえ縁がなくても、桜を美しく想う心、それを支える人々に想いを馳せて、奥深い日本の彩りを多くの団体に表現していただきたいです。
なお、標準編成で作曲していますが、小編成でも演奏できるように配慮したオーケストレーション(グレード3.5)を使用しています。

作曲家 八木澤教司

【初演映像】

【作品の詳細は下記のYou Tube動画をご覧ください】

■編成 (Instrumentation)



関連記事

  1. オルフェウスとエウリュディケ / ORPHEUS AND EURYDIC

  2. March – Tin – Sagu

  3. 空中都市「マチュピチュ」― 隠された太陽神殿の謎【2019改訂版】 / Machu Picchu : City in the Sky (2019 Version)

  4. 水辺の見える朝に / Looking out over the water in the morning

  5. 「オアフ島の情景」~碧き海と聖なる大地の歌 / Scenes from the Island of Oahu – The Sea and the Earth –

  6. 「シパダン」~ 美しき平和な島への願い / SIPADAN – Inspiration from Peaceful Island

  7. 曙光の波をきって / 第三楽章:造船と職人 / BEYOND THE HORIZON/ 3rd Mov.YAMATO – The Battleship

  8. 「エスターテ」〜 蒼穹の風

  9. 眩い星座になるために… 【2016年改訂版】 / To Be Vivid Stars (2016 Version)

  10. 「コンチェルティーノ」― ソロ・パーカッションとウインドオーケストラのための ― / Concertino for Solo Percussion and Wind Orchestra

  11. 心に灯す歌 / Song from My Heart

  12. 「モアイ」― 太陽を見つめる七体の巨像 / Moai – The Seven Giant Statues Gazing at the Sun

  13. 「そよ風の吹く杜で…」~ 独奏フルートとコンサートバンドのために / BREEZE IN THE FOREST for Solo Flute and Concert Band

  14. 「桜桃の実る季節 」~ 大地に輝く紅い宝石 / The Time of the Cherries – Red jewels coming up from the ground

  15. テューバ協奏曲 / TUBA CONCERTO