春の詩 ― 風の丘の物語 / A poem of spring-story of the windy hill

■作品名 (Title)
春の詩 ― 風の丘の物語
A poem of spring-story of the windy hill
■委嘱団体 (Commissioned organization)
ユニバース 委嘱
■作品No (Work No)
033
■作曲年 (Composition year)
2005
■グレード (Grade)
3
■演奏時間 (Duration)
約6分40秒
■演奏可能最低人数 (musician)
35人
■参考音源 (Audio Sample)
附属CD
■出版社 (Publisher)
ユニバース
■解説 (Commentary)
※ ユニバース社の「新アレグロ」に楽譜&CDが収録されています。
よって当曲のみの購入は不可能となります。
————————————————————————-
■ 春の詩―風の丘の物語「春」という語句に何らかの始まりを期待させる、新鮮なイメージがあるのは私だけでしょうか。私が音楽に興味を持つきっかけになったのは、中学校の入学式に吹奏楽部の演奏をたまたま聴いたから…。今思えば桜が美しく咲くなかで迎えたあの春から、現在の音楽家という道を志し、この文章を書いている自分に至ります。 この作品は新しい出会いを予感させる冒頭、そして夏、秋、冬を通して多くの経験を積み、一回り成長して再び春を迎えるといった、ドラマを描写しています。演奏する皆さんの生活と結び付けて考えて頂いても、一つの物語を想像して頂いても構いません。各々のバンドにとって新鮮な出会いと感動があることをお祈りしています。
●演奏上、編成上のポイント
この作品は大編成用として依頼され作曲しましたが、実際には30人程度でも十分演奏可能です。工夫次第ではそれ以下の人数でも演奏することができるはずです。又、ティンパニの音変えが困難な場合は、無理をせず難しい音を省略しても構いません。ただ、その際には省略した音と同様なリズムを他の打楽器(トムトム、バスドラムなど)で補うと良いでしょう。前半と後半のような緩やかな場面は歌心を大切に、そして中間部は生き生きとしたス軽快なピード感が大切です。場面ごとのメリハリのある演奏を心がけましょう!素敵な演奏を聴かせて頂けることを楽しみにしています!
■編成 (Instrumentation)

関連記事

  1. ピアノと吹奏楽のための協奏的組曲 / A Concerted Suite for Piano and Wind Orchestra

  2. 心に灯す歌 / Song from My Heart

  3. ユーフォニアム協奏曲 / Euphonium Concerto

  4. 「ひまわり、15本」~ ヴィンセント・ヴァン・ゴッホに寄せて / Vase with Fifteen Sunflowers

  5. March – Chagu – Chagu

  6. 「公慶の悲願」~ 東大寺大仏殿、再建への道 【小編成改作版】 / The Earnest Wish of Priest Kokei

  7. 吹奏楽のための譚詩「天女の飛翔」 / A Ballade for Wind Orchestra “The Angel’s Flight”

  8. 「稜線の風」― 北アルプスの印象 / ”Soaring over the Ridges” – the Impression of the North Alps

  9. 「故郷の情景」― グリーグの主題による / The Scene of the Homeland- on theme by Edvard Greig

  10. テューバ協奏曲 / TUBA CONCERTO

  11. ファンファーレ・エグズベランテ / THE FANFARE EXUBERANT

  12. サクソフォーン協奏曲第1番「ミスティック・クエスト」 / Saxophone Concerto No.1

  13. 「ある街の風景」~イタリア・ローマにて / A Scene of Rome

  14. 「セントルイスの風」~万国博覧会に向けた男の情熱とロマン~ / The Wind of St.Louis – A Man’s Dream of The Louisiana Purchase Exposition

  15. 「ナスカ」― 地上に描かれた遥かなる銀河 / Nazca Lines – The Universe Drawn on the Earth