「ひまわり、15本」~ ヴィンセント・ヴァン・ゴッホに寄せて【小編成改作版】 / Vase with Fifteen Sunflowers – An Artwork of Vincent Van Gog

■作品名 (Title)
「ひまわり、15本」~ ヴィンセント・ヴァン・ゴッホに寄せて 【小編成改作版】
Vase with Fifteen Sunflowers – An Artwork of Vincent 
Van Gogh
■委嘱団体 (Commissioned organization)
■作品No (Work No)
133
■作曲年 (Composition year)
2012
■グレード (Grade)
3
■演奏時間 (Duration)
約7分20秒
■演奏可能最低人数 (musician)
20人
■参考音源 (Audio Sample)
■出版社 (Publisher)
■解説 (Commentary)
「ひまわり、15本」 ~ヴィンセント・ヴァン・ゴッホに寄せて

新潟県長岡市立中之島中学校吹奏楽部委嘱作品。私は様々な理由があってこれまで中学生バンドからの委嘱作品は引受けていませんでした。ですが同吹奏楽部顧問である桐生聡先生とはデビュー当時から親しくさせて頂いていることもあり、先生の熱い想いに心打たれ与えられた多くの制約(作品のテーマ、展開の仕方、個々の技量、ソロ楽器の指定やチャイムなどの現場で入手困難な楽器の使用禁止、演奏時間)のなかで作曲することを決意しました。「ひまわり、15本」はオランダの画家・ゴッホ(1853~1890)の“ひまわりシリーズ”の中でも最後の作品で、署名もなく“贋作”とも呼ばれる“認められない”作品です。桐生先生の「力がなくとも、途中の挫折は幾度となくあるが、気持ち・努力・情熱・狂気というほどのやる気で成長し、結果にむすびつく…たとえ認められないときがあったとしても」という言葉をもとに、この絵画とゴッホの人生の両面を描写しました。桐生先生と生徒さんたちはこの曲で情熱のある演奏をコンクールで披露し、2010年には念願の西関東吹奏楽コンクール出場・金賞を受賞されました。

[楽譜:原典版〈中編成30人程度・グレード3+〉、小編成改作版〈20人程度・グレード3〉]

■編成 (Instrumentation)

関連記事

  1. 水上都市「ヴェネツィア」- アドリア海の女王 / The Floating City “Venezia” – The Queen on the Adriatic

  2. 「稜線の風」― 北アルプスの印象 / ”Soaring over the Ridges” – the Impression of the North Alps

  3. 「そよ風の吹く杜で…」~ 独奏フルートとコンサートバンドのために / BREEZE IN THE FOREST for Solo Flute and Concert Band

  4. 「ナルシスの変貌」― サルバドール・ダリに寄せて / Metamorphose de Narcisse

  5. 「永劫の翼」~ ジョン・フレミングの法則 ~ / The Wings of Eternity – Fleming’s Left Hand Rule

  6. 「永劫の灯火」- 日光の社寺を夢む

  7. 「ホワイト・パスポート」~ 夢に生き、光の国へ旅立ったある少女へのオマージュ / White passport to Heaven

  8. パルパの地上絵 / Ground paintings of Palpa

  9. 曙光の波をきって / 第三楽章:造船と職人 / BEYOND THE HORIZON/ 3rd Mov.YAMATO – The Battleship

  10. フランボワイアン - 大地に広がる炎の花 / Flamboyant―Red Flames on the ground

  11. シンフォニア / Sinfonia

  12. 行進曲「奇跡のつぼみ」 / March Willing and Able

  13. モンセラット  /  MONTSERRAT

  14. 行進曲「故郷の想い出」 / March Willing and Able

  15. 「シパダン」~ 美しき平和な島への願い / SIPADAN – Inspiration from Peaceful Island