「ひと夏の恋」~ けやきの気に抱かれて… / Summer Camaraderie – Cherished by the KEYAKI Spirit

■作品名 (Title)
「ひと夏の恋」~ けやきの気に抱かれて…
Summer Camaraderie – Cherished by the KEYAKI Spirit
■委嘱団体 (Commissioned organization)
東北福祉大学吹奏楽部 全日本吹奏楽コンクール三年連続出場記念 委嘱
■作品No (Work No)
105
■作曲年 (Composition year)
2010
■グレード (Grade)
3+
■演奏時間 (Duration)
約6分30秒
■演奏可能最低人数 (musician)
40人
■参考音源 (Audio Sample)
■出版社 (Publisher)
ウインドアート
■解説 (Commentary)
■「ひと夏の恋」~けやきの気に抱かれて…

東北福祉大学吹奏楽部が全日本吹奏楽コンクール3年連続出場記念して献呈した作品。音楽監督であり指揮者である松崎泰賢先生と学生さんたちは委嘱作品「散歩、日傘をさす女性」「優位な曲線」「ヘリングの朝」と3年間、全日本吹奏楽コンクールで感動的な演奏で披露してくださいました。その感謝の気持ちを込めてプレゼントさせて頂いた作品。「夏」は吹奏楽ファンにとって恐らく一番想い出の深いシーズンでしょう。この「夏」は全国のあらゆるところで多くのドラマが生まれています。音楽に「恋」をして仲間たちを「大切」にする、「感謝」する、そういった優しい気持ちになれる曲をということで学生さんたちとテーマを「ひと夏の恋」に決めました。「けやき」は仙台を象徴する木であること、そして大学校舎には演奏会を開催する時に必ず使用する「けやきホール」があり、「けやき」という言葉自体にも現役生と卒業生の「絆」を示す意味合いがあるようです。2010年の吹奏楽コンクール東北大会招待演奏において初演、メロディクでセンチメンタルな作風で仕上げてみました。

■編成 (Instrumentation)

関連記事

  1. 「けやきの杜で…」― 独奏トロンボーンとウインドアンサンブルのために / Sanctuary in the Zelkova Forest

  2. ジェロミナツィオーネ

  3. 吹奏楽のための抒情詩「秋風の訴え」 / The Lyric for WindOrchstra “Appeals of Autumnal Winds”

  4. 「稜線の風」― 北アルプスの印象 / ”Soaring over the Ridges” – the Impression of the North Alps

  5. ユーフォニアム協奏曲 / Euphonium Concerto

  6. 春の詩 ― 風の丘の物語 / A poem of spring-story of the windy hill

  7. 枕草子「春はあけぼの」/ THE PILLOW BOOK – The Sense of Spring

  8. 「ザ・リング・オブ・ブロッガー」― 太古の聖なる祭壇 / “The Ring of Brodgar” The Stage of an Ancient Ritual

  9. 「オアフ島の情景」~碧き海と聖なる大地の歌 / Scenes from the Island of Oahu – The Sea and the Earth –

  10. 「グラティチュード・ジャーニー」~ 永遠なる陸奥への想い / JOURNEY OF GRATITUDE – Caring Together with The Tohoku Region of Japan

  11. 「サグラダファミリアの鐘」― ガウディの継がれゆく意志【2019年改訂版】 / The Bells of Sagrada Familia – An everlasting will of Antoni Gaudi (2019 Version)

  12. 暁光の幻 / A VISION OF THE FIRST LIGHT

  13. カンティレーナ / Cantilena

  14. 心に灯す歌 / Song from My Heart

  15. 「フローレンスの絆」~ 愛に生きたクリミアの天使 / Florence Nightingale – Angel of the Crimea