「ひと夏の恋」~ けやきの気に抱かれて… / Summer Camaraderie – Cherished by the KEYAKI Spirit

■作品名 (Title)
「ひと夏の恋」~ けやきの気に抱かれて…
Summer Camaraderie – Cherished by the KEYAKI Spirit
■委嘱団体 (Commissioned organization)
東北福祉大学吹奏楽部 全日本吹奏楽コンクール三年連続出場記念 委嘱
■作品No (Work No)
105
■作曲年 (Composition year)
2010
■グレード (Grade)
3+
■演奏時間 (Duration)
約6分30秒
■演奏可能最低人数 (musician)
40人
■参考音源 (Audio Sample)
■出版社 (Publisher)
ウインドアート
■解説 (Commentary)
■「ひと夏の恋」~けやきの気に抱かれて…

東北福祉大学吹奏楽部が全日本吹奏楽コンクール3年連続出場記念して献呈した作品。音楽監督であり指揮者である松崎泰賢先生と学生さんたちは委嘱作品「散歩、日傘をさす女性」「優位な曲線」「ヘリングの朝」と3年間、全日本吹奏楽コンクールで感動的な演奏で披露してくださいました。その感謝の気持ちを込めてプレゼントさせて頂いた作品。「夏」は吹奏楽ファンにとって恐らく一番想い出の深いシーズンでしょう。この「夏」は全国のあらゆるところで多くのドラマが生まれています。音楽に「恋」をして仲間たちを「大切」にする、「感謝」する、そういった優しい気持ちになれる曲をということで学生さんたちとテーマを「ひと夏の恋」に決めました。「けやき」は仙台を象徴する木であること、そして大学校舎には演奏会を開催する時に必ず使用する「けやきホール」があり、「けやき」という言葉自体にも現役生と卒業生の「絆」を示す意味合いがあるようです。2010年の吹奏楽コンクール東北大会招待演奏において初演、メロディクでセンチメンタルな作風で仕上げてみました。

■編成 (Instrumentation)

関連記事

  1. 「ラス・ボラス・グランデス」― 惑星を象る大石球の神秘 / Las Bolas Grandes

  2. 「アルルカンの謝肉祭」― ジョアン・ミロに寄せて / Harlequin’s Carnival – An Artwork of Joan Miro

  3. 「ヴィクトリアの滝」~ 詩篇“大自然に生きる獅子たち”より ~

  4. 「レムリアー失われた大いなる遺産」 / Lemuria – The Lost Continent

  5. 「ザ・リング・オブ・ブロッガー」― 太古の聖なる祭壇 / “The Ring of Brodgar” The Stage of an Ancient Ritual

  6. 春のスケッチ / The Spring Sketches: Based on Fanfare – Young Pheasants in the Sky

  7. 淡い花の夢路 ~伊弉諾と伊弉冉、尊き国生みのエピソード~【小編成改作版】 /  The Story of Izanagi and Izanami – Creators of the Japanese Islands

  8. ハート・イン・モーション / Heart in Motion

  9. 「マヤの紋章」第2部:忘れられた無数の遺跡群 / ”Mayan Coat of Arms” Part 2: Forgotten Countless Ruins

  10. 「ザ・リング・オブ・ブロッガー」~太古の聖なる祭壇 【小編成改作版】 / The Ring of Brodgar” – The Stage of an Ancient Ritual.

  11. 「優位な曲線」― ヴァシリー・カンディンスキーに寄せて / Dominant Curve – An Artwork of. Wassily Kandinsky

  12. 「稜線の風」― 北アルプスの印象 / ”Soaring over the Ridges” – the Impression of the North Alps

  13. GICHIGAMIIN – The Five Freshwater Seas

  14. フランボワイアン - 大地に広がる炎の花 / Flamboyant―Red Flames on the ground

  15. 「聖徳太子の地球儀」― 斑鳩寺に鎖された記憶 / Prince Shotoku’s Globe – A memory sealed in the Ikaruga Temple