「ラビリントス」~ クレタ島の伝説 / THE LABIRINTOS – The Myth of Crete

■作品名 (Title)
「ラビリントス」~ クレタ島の伝説
THE LABIRINTOS – The Myth of Crete
■委嘱団体 (Commissioned organization)
千葉県立成東高等学校吹奏楽部 委嘱
■作品No (Work No)
166
■作曲年 (Composition year)
2015
■グレード (Grade)
4
■演奏時間 (Duration)
約8分10秒
■演奏可能最低人数 (musician)
45人
■参考音源 (Audio Sample)
■出版社 (Publisher)
■解説 (Commentary)
 数年前にギリシア・アテネに取材旅行に行きました。壮大な古代の遺跡群を肌で感じる毎日が感動の連続でした。ある日、アテネ市内からクルーズで近郊の島々を周遊するツアーに参加しましたが日本人は私一人だけ。心細い気持ちもありましたが海外の方はフレンドリーな方が多く、少し安心した時に興味深い話題を聞きました。

「もちろん君はクレタ島にも行くんだろう?神話の世界のミノタウロスの迷宮が実在したなんて…」

英語だったこともあり耳を疑いましたが、すぐにインターネットで検索すると…本当でした…。ギリシア神話に登場する頭が牛、身体が人間のミノタウロス。迷宮(ラビリントス=ラビリンス)に閉じ込められ生贄を待ち望む半獣人…。悠久の時からこの迷宮は神話の中の空想と思われていましたが、この迷宮がクレタ島で既に発見されていたのです。そして複雑な迷宮からは「牛」にまつわる壁画や出土品が数百点も見つかっています。これはミノタウロスも実在したことを想像されせる神秘的な出来事だと言えるのです。

この作品は私自身がギリシアで体感した記憶とミノタウロスの神話を重ね合わせた冒険ストーリーなのです。(作曲家:八木澤教司)

■編成 (Instrumentation)

関連記事

  1. 行進曲「奇跡のつぼみ」 / March Willing and Able

  2. BLOOM – THE GIFT OF SPRING

  3. 「シパダン」~ 美しき平和な島への願い / SIPADAN – Inspiration from Peaceful Island

  4. ポンテ・ヴェッキオ~ 独奏トランペットとコンサートバンドのために / Ponte Vecchio – for Solo Trumpet and Concert Band

  5. 吹奏楽のための譚詩「追憶の波状」 / A poem for wind music “waves of recollection”

  6. 南風が吹いたら / WIND OF HOPE

  7. MARCH – OHARA

  8. 眩い星座になるために… 【小編成改作版】 / To Be Vivid Stars

  9. 邯鄲の夢 / Ephemeral Dream of Prosperity

  10. クラリネット協奏曲 / Clarinet Concerto

  11. 古都 -四季の彩り / FOUR SEASONS OF JAPAN

  12. 嵐の中の幻影 / An Illusion in the Storm

  13. 行進曲「故郷の想い出」 / March Willing and Able

  14. シンフォニア / Sinfonia

  15. 暁光の幻 / A VISION OF THE FIRST LIGHT