「セントルイスの風」~万国博覧会に向けた男の情熱とロマン~ / The Wind of St.Louis – A Man’s Dream of The Louisiana Purchase Exposition

■作品名 (Title)
「セントルイスの風」~万国博覧会に向けた男の情熱とロマン~
The Wind of St.Louis – A Man’s Dream of The Louisiana Purchase Exposition
■委嘱団体 (Commissioned organization)
九州女子高等学校創立100周年記念 委嘱
■作品No (Work No)
055
■作曲年 (Composition year)
2007
■グレード (Grade)
4
■演奏時間 (Duration)
約7分10秒
■演奏可能最低人数 (musician)
25人
■参考音源 (Audio Sample)
ロケットミュージック
■出版社 (Publisher)
ロケットミュージック
■解説 (Commentary)
■ 「セントルイスの風」~万国博覧会に向けた男の情熱とロマン~/八木澤教司 作曲
The Wind of St.Louis – A Man’s Dream of The Louisiana Purchase Exposition/Music by Satoshi YAGISAWA
原曲の大編成版は委嘱団体のみが永久に所有。
エイトカンパニー社からは小編成改作版のみ出版されています。福岡県に位置する九州女子高等学校(現・福岡大学附属若葉高等学校)の創立100周年記念委嘱作品として2007年に作曲。福岡シンフォニーホールで開催された「創立100周年記念式典」及び「第13回定期演奏会」において出口貴浩先生の指揮、同高校吹奏楽部によって世界初演されました。テーマは同高校創立者である釜瀬新平氏(1868-1930)。私塾を開く傍ら立体地理模型(山の標高など起伏を表現してある立体地図)を発明し、全国に普及させることに成功を収めた人物です。この立体地理模型の精度の高さと実績は高く評価され1904年には米国セントルイスでの万国博覧会(60ヶ国参加)の日本館に出品されるまでになりました。これらの功績や苦悩・喜びをドラマチックに描いたのがこの作品です。今後は幅広く演奏できるように原曲の大編成から小編成に改訂した新バージョンで出版させて頂くことにしました。(八木澤教司)
■編成 (Instrumentation)

関連記事

  1. ペル・ソナーレ / Per-Sonare

  2. ヴォカリーズ【Trb(Euph)+Band】 / Vocalise

  3. 「夜と霧」~ それでも人生にイエスと言う / Nevertheless, Say Yes to Life

  4. MISSION – Robert Morrison

  5. 「伊賀伝承譜」~ 悠久なる忍びの掟 / The ”Iga” Mythology -The Old-established Ninja

  6. ファンファーレ「みちびき」 / Fanfare Mi-Chi-Bi-Ki

  7. 「サグラダファミリアの鐘」― ガウディの継がれゆく意志【2019年改訂版】 / The Bells of Sagrada Familia – An everlasting will of Antoni Gaudi (2019 Version)

  8. ファンファーレ集 - トキめき新潟国体式典のための - / Fanfare Collection – Toki Miki for Niigata National Ceremony –

  9. 「シパダン」~ 美しき平和な島への願い / SIPADAN – Inspiration from Peaceful Island

  10. 吹奏楽のための交響的詩曲「モーセとラメセス」 / Moses and Ramses – symphonic poem for wind orchestra

  11. タイ北部民謡による狂詩曲「ラン・パーン」 / Rhapsody on Northern Thai folk song “Lum Pang”

  12. 「マヤの紋章」第1部:偉大なる王と生贄の儀式 / ”Mayan Coat of Arms” Part 1: The great king and the ceremonial ceremonies

  13. 碧き泉のほとりで

  14. 「ポンペイ」- 古代遺跡が語る大都市の繁栄と終焉 / Pompeii

  15. 古都 -四季の彩り / FOUR SEASONS OF JAPAN