シンフォニック・エピソード I / Symphonic Episode I

■作品名 (Title)
シンフォニック・エピソード I
Symphonic Episode I
■委嘱団体 (Commissioned organization)
静岡県磐田地区吹奏楽連盟 委嘱
■作品No (Work No)
069
■作曲年 (Composition year)
2008
■グレード (Grade)
2+
■演奏時間 (Duration)
約6分40秒
■演奏可能最低人数 (musician)
30人
■参考音源 (Audio Sample)
■出版社 (Publisher)
デ・ハスケ
■解説 (Commentary)
この作品は静岡県磐田吹奏楽連盟の委嘱で2008年5月に作曲された。作曲者の指揮と静岡県磐田吹奏楽連盟に加盟する中学校の選抜メンバーを中心に、高校生から一般のメンバーが加わるフェスティバルバンドによって2008年10月に世界初演された。「シンフォニック・エピソードI」というタイトルは静岡県立二俣高等学校吹奏楽部顧問である、山縣敦男教諭が名付けたもので、磐田吹奏楽連盟の発展を願うフレッシュな作風に基づいている。尚、“I”は磐田のイニシャルの頭文字の意味と共に、八木澤氏に今後このような作風の連作を期待して“第1番”としての意味合いも込めて名付けられたようだ。曲は緩やかな序奏で開始され、急―緩―急で構成され、緩やかな場面では八木澤氏の得意とする温かなコラールで感動的に描かれている。
■編成 (Instrumentation)

関連記事

  1. パンドーラの箱 / Pandora’s Box

  2. ファンファーレ・エグズベランテ / THE FANFARE EXUBERANT

  3. Fanfare – Wings of Glory

  4. 「そよ風の吹く杜で…」~ 独奏フルートとコンサートバンドのために / BREEZE IN THE FOREST for Solo Flute and Concert Band

  5. モンセラット  /  MONTSERRAT

  6. シンフォニア / Sinfonia

  7. 水上都市「ヴェネツィア」- アドリア海の女王 / The Floating City “Venezia” – The Queen on the Adriatic

  8. ゆめみぐさ、まもりて

  9. 地底都市「カッパドキア」― 妖精の宿る不思議な岩 / Cavetowns “Cappadocia” – Strangely shaped rocks where elves dwell

  10. 陽のあたる庭[バリトン・サクソフォーン&吹奏楽伴奏版] / My Sunny Graden

  11. 曙光の波をきって / 第一楽章:街のいしずえ BEYOND THE HORIZON/1 Mov. KURE – Core City of the East

  12. 「ヴォンゴレ!」~バリトン・サクソフォーンとコンサート・バンドのために / VONGOLE! – for Solo Baritone Saxophone and Concert Band

  13. 「稜線の風」― 北アルプスの印象 / ”Soaring over the Ridges” – the Impression of the North Alps

  14. 心に灯す歌 / Song from My Heart

  15. 「ポンペイ」- 古代遺跡が語る大都市の繁栄と終焉 / Pompeii