セレナーデ(小夜曲) / Serenade

■作品名 (Title)
セレナーデ(小夜曲)
Serenade
■委嘱団体 (Commissioned organization)
■作品No (Work No)
077
■作曲年 (Composition year)
2008
■グレード (Grade)
2+
■演奏時間 (Duration)
約2分10秒
■演奏可能最低人数 (musician)
15人
■参考音源 (Audio Sample)
■出版社 (Publisher)
ウインドアート
■解説 (Commentary)
ブレーンより出版されているサクソフォーン四重奏曲に「3つのバガテル」という作品があります。このバガテルは委嘱団体であるヴィーヴ!サクソフォーン・クヮルテットの4人の名前のアルファベットを音列に変えて作曲した作品で、その第2楽章は“ナミマ・コート”というタイトルになっています。タイトルの意味も“奈民(なみ)さん、真(まこと)くん”を変形させたものです。前述の通り、この楽章は2人の名前の音列を基に作曲していますが、これが実に美しいコラールになってしまったのです!そこで、サクソフォーンのみだけでは勿体ない!という反響があったこともあり、タイトルをセレナーデ(小夜曲)とし、吹奏楽版として新たに生まれ変わったのがこの作品です。尚、セレナーデとは“夜、恋人の部屋の窓の下で歌ったり、弾いたりする甘く美しい曲”という意味があります。奈民さんと真くんは音楽家としても、夫婦としても素晴らしいカップルなのでピッタリの曲名となりました!初演は2009年3月、奈民さんの指揮する東京都立隅田川高等学校吹奏楽部の定期演奏会を予定しています。
■編成 (Instrumentation)

関連記事

  1. 「フェニックス」- 時を超える不死鳥の舞い / ”The Phoenix”~ A dance of the Phoenix more than time

  2. ファンファーレ「ミュージック・シティ」 / Fanfare “Music City”

  3. 「夜と霧」~ それでも人生にイエスと言う / Nevertheless, Say Yes to Life

  4. 「サグラダファミリアの鐘」― ガウディの継がれゆく意志【2019年改訂版】 / The Bells of Sagrada Familia – An everlasting will of Antoni Gaudi (2019 Version)

  5. 「ある街の風景」~イタリア・ローマにて / A Scene of Rome

  6. 邯鄲の夢 / Ephemeral Dream of Prosperity

  7. オルガンと吹奏楽のための祝典ファンファーレ / The Celebration Fanfare for Organ and Wind Orchestra

  8. MARCH – OHARA

  9. 眩い星座になるために… 【小編成改作版】 / To Be Vivid Stars

  10. 「ポンペイ」- 古代遺跡が語る大都市の繁栄と終焉 / Pompeii

  11. 行進曲「奇跡のつぼみ」 / March Willing and Able

  12. 春の詩 ― 風の丘の物語 / A poem of spring-story of the windy hill

  13. アチャラナータの祭典 / Festival of acharanata

  14. 「死者の支配する国」― 崇高なる光に包まれて / The Living Cherish the Deceased

  15. ドリーム・クルーズ / Dream Cruise