「ヘリングの朝」~ そして暗闇は光に満ちた… / ” Morning of Keith Haring ” And … the darkness was filled of happiness

■作品名 (Title)
「ヘリングの朝」~ そして暗闇は光に満ちた…
” Morning of Keith Haring ” And … the darkness was filled of happiness
■委嘱団体 (Commissioned organization)
東北福祉大学吹奏楽部
■作品No (Work No)
082
■作曲年 (Composition year)
2009
■グレード (Grade)
4+
■演奏時間 (Duration)
約7分30秒
■演奏可能最低人数 (musician)
45人
■参考音源 (Audio Sample)
■出版社 (Publisher)
ウインドアート
■解説 (Commentary)
●「ヘリングの朝」~そして暗闇は光に満ちた…

東北福祉大学吹奏楽部委嘱シリーズ3作目であるこの作品は第57回全日本吹奏楽コンクールにおいて松崎泰賢氏の指揮、同部において公開された。キース・へリングの人生観と夢、希望をテーマに八木澤氏ならではのドラマティックな作風で描かれている。へリングはストリートアートの先駆者とも呼べるアーティストで、日本では彼の絵をプリントしたTシャツがユニクロなどから販売されるなどで広く知られている。彼自身がHIV感染者だったこともあり、絵を通じてのAIDS撲滅活動に積極的に関わったことも有名である。この曲は31歳にしてAIDSでこの世を去った彼の絵に対する熱い想いや様々な葛藤、そしてその末の光などが描かれている。

■編成 (Instrumentation)

関連記事

  1. 「サグラダファミリアの鐘」― ガウディの継がれゆく意志【2019年改訂版】 / The Bells of Sagrada Familia – An everlasting will of Antoni Gaudi (2019 Version)

  2. 水上都市「ヴェネツィア」- アドリア海の女王 / The Floating City “Venezia” – The Queen on the Adriatic

  3. 行進曲【現在、生徒さんが考案中!】

  4. 吹奏楽のための音詩「輝きの海へ」 / A Tone Poem For WindOrchestra “And Then The Ocean Glows”

  5. 「グラティチュード・ジャーニー」~ 永遠なる陸奥への想い / JOURNEY OF GRATITUDE – Caring Together with The Tohoku Region of Japan

  6. ナヴィガトリア / NAVIGATORIA

  7. ファンファーレ「若雉子は大空高く舞いて」 / Fanfare – Young Pheasants in the Sky

  8. 「セントルイスの風」~万国博覧会に向けた男の情熱とロマン~ / The Wind of St.Louis – A Man’s Dream of The Louisiana Purchase Exposition

  9. ファンファーレ「みちびき」 / Fanfare Mi-Chi-Bi-Ki

  10. 「エスポワール」~ 希望への道 /  L’Espoir

  11. MISSION – Robert Morrison

  12. 「ナスカ」― 地上に描かれた遥かなる銀河 / Nazca Lines – The Universe Drawn on the Earth

  13. 「故郷の情景」― グリーグの主題による / The Scene of the Homeland- on theme by Edvard Greig

  14. ファンファーレ「ミュージック・シティ」 / Fanfare “Music City”

  15. 「ひまわり、15本」~ ヴィンセント・ヴァン・ゴッホに寄せて【小編成改作版】 / Vase with Fifteen Sunflowers – An Artwork of Vincent Van Gog