「永劫の灯火」- 日光の社寺を夢む

■作品名 (Title)
「永劫の灯火」- 日光の社寺を夢む
■委嘱団体 (Commissioned organization)
国際音楽の日 記念事業実行委員会 委嘱
■作品No (Work No)
050
■作曲年 (Composition year)
2007
■グレード (Grade)
3+
■演奏時間 (Duration)
約9分30秒
■演奏可能最低人数 (musician)
35人
■参考音源 (Audio Sample)
未出版
■出版社 (Publisher)
未出版 ※委嘱団体がしばらく演奏権利を独占します
■解説 (Commentary)
国際音楽の日記念事業実行委員会委嘱作品。日本人であれば「日光」を知らない人はいないだろう。全国で最も親しまれている観光地であるかつ、歴史的にも奥深いところであるからだ。幼少より世界遺産に興味を抱いていた私にとって、1999年に「日光の社寺」が世界遺産登録されたのは感慨深いものがあった。今回はこの『世界遺産日光』をテーマに田村和久氏のご紹介で新作を書かせて頂けることになった。私はこれまで《マチュピチュ》《ナスカの地上絵》《カッパドキア》などの世界遺産をテーマに6曲の作品を書いている。これらの作品は国内はもちろん、海外でも頻繁に演奏されているので、この続編として『世界遺産日光』を手掛けようと思ったいたが、結果として別の方向を選んだ。タイトルの『夢む』にあるように、単に社寺や歴史を描写するのではなく、夢や憧れ、そして日光を訪れた人々の心情をも含めて描きたかったからだ。そういった意味で、この作品は聴く人それぞれの自由な日光への想いを重ねてお楽しみ頂きたい。日光に今後変わらぬ永劫の火が灯されることを願っている。
■編成 (Instrumentation)

関連記事

  1. ハート・イン・モーション / Heart in Motion

  2. ウインドアンサンブルのための「パーテル・ノステル II」 / Patel Noster II for Wind Ensemble

  3. 「ヴィクトリアの滝」~ 詩篇“大自然に生きる獅子たち”より ~

  4. 「エスターテ」〜 蒼穹の風

  5. 春の詩 ― 風の丘の物語 / A poem of spring-story of the windy hill

  6. 「サグラダファミリアの鐘」― ガウディの継がれゆく意志 / The bells of Sagrada Familia – An everlasting will of Antoni Gaudi