「サグラダファミリアの鐘」― ガウディの継がれゆく意志 / The Bells of Sagrada Familia – An everlasting will of Antoni Gaudi

■作品名 (Title)
「サグラダファミリアの鐘」― ガウディの継がれゆく意志
The Bells of Sagrada Familia – An everlasting will of Antoni Gaudi
■委嘱団体 (Commissioned organization)
堀越高等学校吹奏楽団委嘱
■作品No (Work No)
086
■作曲年 (Composition year)
2009
■グレード (Grade)
3+
■演奏時間 (Duration)
約7分30秒
■演奏可能最低人数 (musician)
40人
■参考音源 (Audio Sample)
   
■出版社 (Publisher)
■解説 (Commentary)
堀越高等学校吹奏楽団委嘱作品。サグラダファミリアとはスペインにあるカトリッ クの教会であり、天才建築家と称されたアントニオ・ガウディが設計したものである。 彼は31歳から生涯をかけてサグラダファミリアの設計・建築に全力を注いできたが、 不慮の事故に遭い、完成を見ることなく74歳でこの世を去る。
ガウディは詳細な設計 図を残しておらず、更には弟子が残した資料や模型もスペイン戦争で焼失。しかし、 職人による伝承や大まかな外観のデッサンなど、残されたわずかな資料をもとに、時代毎の建築家がガウディの設計を推測しながら127年経った現在も建設が行われているのだ。
このようなガウディの意志を受け継ぐものたちの想いと共に、イエス・キリストの生涯である“生誕”“受難” “栄光”を描写したのが、当楽曲である。八木澤コラールの新境地を垣間見る話題作 として注目を集めている。
■編成 (Instrumentation)
■楽器編成
Picc. / Fl.1-2/ Ob./ Bsn./ Es Cl./ Cl.1-3/ B.Cl./S.Sax./A.Sax.1-2/T.Sax./B.Sax/
Tp.1-3/Flu.Hn./Hn.1-4/Trb.1-3/ Euph./Tuba/St.Bass./
Piano
Timp.
Perc.1-5

関連記事

  1. 「希望の舟」- 薩摩維新伝 / The Ships of High Hope – The Leading Spirit from Satsuma

  2. 「天童風犬伝」― 民話“べんべこ太郎”に寄せて / A Dog With Marvelous Power

  3. 水上都市「ヴェネツィア」- アドリア海の女王 / The Floating City “Venezia” – The Queen on the Adriatic

  4. センテナリー・セレブレーション / Centenary Celebration

  5. 陽のあたる庭[吹奏楽版] / My Sunny Garden

  6. 「時のあとに」― 我が故里へのオマージュ / After the time we had

  7. 祝典前奏曲「未来への緑風」 / Prelude to a Commemoration “Green Wind Heading for the Future”

  8. 薩摩唄幻想 / Satsuma Song Fantasy

  9. 「エスポワール」~ 希望への道 /  L’Espoir

  10. カクテル・パラダイス!(フルート4重奏)

  11. 「フローレンスの絆」~ 愛に生きたクリミアの天使 / Florence Nightingale – Angel of the Crimea

  12. インテルメッツォ ~ 独奏クラリネットとウインドアンサンブルのための / Intermezzo – for Clarinet and Concert Band

  13. 悠遠の羇旅~芭蕉の歩いた出羽路 / FARAWAY JOURNEY – Five Haiku by Matsuo Basho

  14. ソング・オブ・スピリット / SONG OF THE SPIRIT

  15. 「ニルマル・ヒルダイ」~ マザーの微笑みに包まれて… / Nirmal Hriday – Filled Up with Mother Teresa’s Smile