「サグラダファミリアの鐘」― ガウディの継がれゆく意志 / The Bells of Sagrada Familia – An everlasting will of Antoni Gaudi

■作品名 (Title)
「サグラダファミリアの鐘」― ガウディの継がれゆく意志
The Bells of Sagrada Familia – An everlasting will of Antoni Gaudi
■委嘱団体 (Commissioned organization)
堀越高等学校吹奏楽団委嘱
■作品No (Work No)
086
■作曲年 (Composition year)
2009
■グレード (Grade)
3+
■演奏時間 (Duration)
約7分30秒
■演奏可能最低人数 (musician)
40人
■参考音源 (Audio Sample)
   
■出版社 (Publisher)
■解説 (Commentary)
堀越高等学校吹奏楽団委嘱作品。サグラダファミリアとはスペインにあるカトリッ クの教会であり、天才建築家と称されたアントニオ・ガウディが設計したものである。 彼は31歳から生涯をかけてサグラダファミリアの設計・建築に全力を注いできたが、 不慮の事故に遭い、完成を見ることなく74歳でこの世を去る。
ガウディは詳細な設計 図を残しておらず、更には弟子が残した資料や模型もスペイン戦争で焼失。しかし、 職人による伝承や大まかな外観のデッサンなど、残されたわずかな資料をもとに、時代毎の建築家がガウディの設計を推測しながら127年経った現在も建設が行われているのだ。
このようなガウディの意志を受け継ぐものたちの想いと共に、イエス・キリストの生涯である“生誕”“受難” “栄光”を描写したのが、当楽曲である。八木澤コラールの新境地を垣間見る話題作 として注目を集めている。
■編成 (Instrumentation)
■楽器編成
Picc. / Fl.1-2/ Ob./ Bsn./ Es Cl./ Cl.1-3/ B.Cl./S.Sax./A.Sax.1-2/T.Sax./B.Sax/
Tp.1-3/Flu.Hn./Hn.1-4/Trb.1-3/ Euph./Tuba/St.Bass./
Piano
Timp.
Perc.1-5

関連記事

  1. 吹奏楽のための音詩「輝きの海へ」 / A Tone Poem For WindOrchestra “And Then The Ocean Glows”

  2. エンペドクレスの愛 / Empedocres’s love

  3. 風の戯れ(フルート4重奏)

  4. 水辺の見える朝に / Looking out over the water in the morning

  5. メモリーズ・オブ・フレンドシップ / MEMORIES OF FRIENDSHIP

  6. 風の戯れ II(フレキシブル8重奏)

  7. 「ザ・ウエスト・シンフォニー」より / ”The West Symphony” 3rd movement:The Lost Capital

  8. 「永劫の灯火」- 日光の社寺を夢む

  9. 「輝蹟の龍」― 聖域への挑戦 / The Ascending Dragon – Get over it !

  10. 「ポンペイ」- 古代遺跡が語る大都市の繁栄と終焉 / Pompeii

  11. カクテル・パラダイス!(フルート4重奏)

  12. オルチンの天使たち / Angels in Allchin Garden

  13. 華麗なる終焉へのオマージュ / Homage To A Glorious Ending

  14. 「リヤン・エテルネル」~ 浄められた天使たちの愛 / Les Liens Éternels – The Love of Angels in the Disaster

  15. 「マヤの紋章」第1部:偉大なる王と生贄の儀式 / ”Mayan Coat of Arms” Part 1: The great king and the ceremonial ceremonies